ハリルJ初陣で2発演出の香川「勝ち切ったことが大事」

写真拡大

[3.27 キリンチャレンジ杯 日本2-0チュニジア 大銀ド]

 強い決意を胸にピッチに入った。MF香川真司(ドルトムント)は0-0の後半15分からトップ下で途中出場。FW本田圭佑と同時に投入されると、2得点を演出した。

「(本田)圭佑くんとリズムを変えようと話していたし、勝ちにこだわった中で勝てたことは良かった」。後半33分、中央をドリブルで仕掛け、左サイドのスペースに展開。本田のクロスに岡崎が頭で合わせ、先制点を奪った。同38分には岡崎のスルーパスに香川が反応。PA内左からクロス性のシュートを入れ、GKが弾いたボールを本田が押し込んだ。

 本田、そして後半27分から投入された岡崎と、途中出場で起用された2人がゴール。「流れを変えようと話していた。その2人が点を取ったのは大きいし、勝ち切ったことが何より大事」。日本代表で長く主力を担ってきた3人が、いずれも途中出場で貫録の存在感を見せた。

 FW川又堅碁、FW永井謙佑、DF藤春廣輝らフレッシュな顔触れが先発に並んだ。FW宇佐美貴史も途中出場でA代表デビュー。「個人個人の特長が出ていたし、新しい選手の力を生かしながらやっていきたい。今まで一緒にやっていた選手は分かり合えているところもあるけど、違うリズムも必要。そういう選手の良さを生かしたい」。新戦力との“融合”にも意欲を示した。

 バヒド・ハリルホジッチ新監督の初陣で手にした勝利。背番号10は「まだまだ課題はあるけど、監督がやりたいサッカーをみんなが意識している。攻守の切り替えのところでもっと質を上げてやっていければ。成長するために勝っていかないといけない。結果と内容を貪欲に突き詰めていきたい」と話していた。

(取材・文 西山紘平)