日本の大砲ここにあり、豪快ミドルのU-22代表MF野津田「この感触を大事にしたい」

写真拡大

[3.27 AFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア一次予選)第1戦 U-22日本 7-0 U-22マカオ]

 日本の大砲が火を吹いた。U-22日本代表が2点を先行して迎えた前半31分、右サイドのFW鈴木武蔵(新潟)からパスを受けたMF野津田岳人(広島)は迷いなく左足を振り抜いた。

「ストレートだったけど、ちょっとブレたかなという感じでしたね」と振り返ったシュートは、GKに反応されながらも豪快にゴールネットを揺らした。

 さらに、後半アディショナルタイムにはFW南野拓実(ザルツブルク)のパスをゴールネットに突き刺して、自身2点目を記録。この得点に対しては、「拓実が『決めてください』という感じで丁寧に落としてくれたので、あれは簡単なゴールでした」とおどけたが、チーム唯一の複数得点で初戦白星に大きく貢献した。

 昨年9月に行われたアジア大会では5試合に出場しながらも、1得点に終わっていた。しかし、今予選ではいきなりの2得点スタートに本人も充実の表情を見せている。

「初戦で2点取れたのは自分自身としても弾みがつきます。相手がどうあれ、僕は得点を取れたら勢いに乗れる感じがあるので、この感触を大事にして2戦目以降も点を取れるように準備していきたい」

 アジア大会ではグループリーグ第3戦ネパール戦で豪快なミドルシュートを叩き込み、手倉森誠監督から「日本にも大砲があることを示せた」と言われた野津田の左足。当時は本人も「もっと、もっと点を取らないと大砲にはなれませんよ」と話していたが、この日の2得点で自信を手に入れたことは間違いないだろう。

(取材・文 折戸岳彦)