香川、本田、岡崎で決勝弾!!本田は貫録の1G1A

写真拡大

[3.27 キリンチャレンジ杯 日本2-0チュニジア 大銀ド]

 日本代表は27日、キリンチャレンジ杯でチュニジア代表と対戦し、2-0で勝利した。前半をスコアレスで折り返した日本だが、ベンチスタートとなっていたMF本田圭佑、MF香川真司、FW岡崎慎司の欧州組を途中出場させた後半に2得点を奪った。バヒド・ハリルホジッチ監督の初陣を白星で飾った。

 さすがの存在感だった。日本は後半15分からベンチスタートさせていた香川と本田を同時投入。さらに同27分からは岡崎とFW宇佐美貴史をピッチに送り込み、均衡を破りに行った。

 すると後半33分、香川のドリブルからチャンスを作ると、左サイドにスルーパス。流れた本田が粘ってクロスを上げると、ファーサイドで岡崎がヘディングで押し込んだ。ハリルジャパン初得点は、この日の出場が通算90試合目の出場となり、FW三浦知良を抜いて歴代FW最多出場記録を更新した、“歴代最強FW”が奪った。

 背番号4も貫録を示した。後半38分、宇佐美、岡崎とつないだボールを香川が折り返すと、GKの弾いたボールを本田が詰める。所属クラブのミランでは、チームの低調ぶりと相まって批判を浴びることの多い本田だが、日本代表戦ではきっちり仕事をこなした。