写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プロ棋士とコンピュータ将棋ソフトによる5対5の団体戦「将棋電王戦FINAL」の第3局・稲葉陽七段 対 やねうら王が、3月28日に北海道函館市の五稜郭で開催される。

ドワンゴと日本将棋連盟が主催する「将棋電王戦FINAL」は、現役プロ棋士と「将棋電王トーナメント」で勝ち抜いたコンピュータ将棋ソフトが戦う団体戦。2012年より毎年開催されているが、これまで棋士が負け越しており、今回が最後のリベンジのチャンスとなる。

既報のとおり、第1局、第2局では棋士側が2連勝しており、「将棋電王戦」史上初となるプロ棋士側の勝ち越しにリーチがかかった今回の第3局は、稲葉陽七段と、「第3回将棋電王戦」にも出場した将棋ソフト・やねうら王の対局。コンピュータ将棋の代指しを努めるのは、デンソーが一が新たに開発したという将棋専用ロボットアーム「電王手さん」で、歴史の転換期を迎えた五稜郭という大舞台で、最高峰の頭脳と最先端テクノロジーが真剣将棋を繰り広げることになる。

当日は10:00より対局開始。持ち時間は5時間(チェスクロック方式)で、使い切ると1分将棋となる。2014年11月に行われた元チェス世界王者のガルリ・カスパロフ氏による振り駒の結果、棋士側が第1・3・5局で先手番▲に決定している。なお、全対局の模様は、ニコニコ生放送にて完全生中継される。