岡崎がハリルホジッチ体制初ゴール…近年の初陣ゴール決めた日本代表選手は?

写真拡大

 キリンチャレンジカップ 2015が27日に行われ、日本代表とチュニジア代表が対戦。78分に日本代表の岡崎慎司が先制点を獲得した。

 日本代表は契約を解除したハビエル・アギーレ前監督の後任として、ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督を3月に招へい。同監督下の初陣となったチュニジア戦で岡崎が初ゴールを決めた。

 近年の日本代表歴代監督と、同体制下で初ゴールを挙げた選手は以下のとおり。

■ハンス・オフト
浅野哲也(1992年7月13日、対デン・ヘルダー・アマチュア選抜)

■ファルカン
浅野哲也(1994年5月22日、対オーストラリア)

■加茂周
三浦知良(1995年1月8日、対アルゼンチン)

■岡田武史
呂比須ワグナー(1997年10月11日、対ウズベキスタン)

■フィリップ・トルシエ
中山雅史(1998年10月28日、対エジプト)

■ジーコ
小野伸二(2002年10月16日、対ジャマイカ)

■イビチャ・オシム
三都主アレサンドロ(2006年8月9日、対トリニダード・トバゴ)

■岡田武史
中澤佑二(2008年1月30日、対ボスニア・ヘルツェゴビナ)

■アルベルト・ザッケローニ(就任は2010年8月、初采配は10月)
岡崎慎司(2010年10月8日、対アルゼンチン)

■ハビエル・アギーレ
武藤嘉紀(2014年9月9日、対ベネズエラ)

■ヴァイッド・ハリルホジッチ
岡崎慎司(2015年3月27日、対チュニジア)