メッセージが歌になる、Facebookメッセンジャーアプリ「Zya Ditty」

写真拡大

先ごろサードパーティに公開された、Facebookメッセンジャーのプラットフォームを利用して、早速おもしろいアプリがリリースされた。メッセージを歌に変換して送ることができる「Zya Ditty」だ。

「メッセージが歌になる、Facebookメッセンジャーアプリ「Zya Ditty」」の写真・リンク付きの記事はこちら

フェイスブックがサンフランシスコで開催した開発者カンファレンス「Facebook F8」で3月25日(米国時間)、同社はモバイルアプリ「Messenger」プラットフォームを、サードパーティの開発者たちに向けて公開。これに伴って早速、非常に面白いアプリが登場した。

入力されたテキストを人気の楽曲に変換するという「テキスト・トゥ・ソング」ジェネレーター「Zya Ditty」だ。70文字までのメッセージを入力し、いろいろ選択できる人気の楽曲からバックグランド・ミュージックを選択すると、数秒のうちに、テキストをもとにした「20秒の音楽クリップ」が作成される。

「I would like fourteen meatball sandwiches and a bag of chips」(ミートボールサンドイッチ14個とチップス1袋がいいな)というテキストで試してみよう。

「楽曲のメロディと、もともとの歌詞を調べて、ユーザーが入力したテキストとつき合わせるインジェスト処理が採用されている。音節がまったく違う場合も多いが、これを合成する技術を工夫した」と、Zya Music社のライセンシング責任者ディーン・セレティックは説明した。

Zya Dittyは「iOS」および「Android」用のスタンドアロン・アプリとしても機能する。テキスト・トゥ・ソングのクリップを作成し、動画としてカメラロールに保存し、動画添付機能に対応したあらゆるサーヴィスで、その動画を共有することができる。ただ、Zya Dittyの中には、FacebookのMessengerに直接つながるボタンがある。

リリース時には、パブリックドメインの楽曲と、ライセンス供与されたヒットソングの両方から、およそ30の楽曲が用意されている。多くはなじみのある童謡など、パブリックドメインの楽曲だ。「Hail to the Chief」(米国大統領が出席する公式行事で頻繁に演奏される、大統領のための公式アンセム)も無料で使用できる。

「われわれが発見したことは、童謡のようにシンプルなフレーズがとても面白いということだ」と、セレティック氏は説明する。「メッセージで伝えたい言葉を、クラシック音楽や、誰もが小学校で聴いたような音楽にできる。笑える製品であり、ユーザーに愛用されると思う」

ライセンス供与された楽曲リストについては、ひとつの楽曲を価格99セントで購入する。一度楽曲を購入したら、アプリで好きなだけ何度でもそれを使用できるという。

Zya Dittyのリリースから90日以内に、選択できる楽曲100曲を確保することを目指していると、セレティック氏は説明している。Zya Music社の以前のゲーム「Zya: The Ultimate Music Game」(文末に動画掲載)では、すべての大手レーヴェルとのライセンス契約が含まれていたので、ライセンス契約の獲得もしやすそうだ。

TAG

AppDigital MusicFacebookGameVideoWIRED US