舌の表面の「舌苔」が多い人にがんリスク? 大学の研究チームが発表

ざっくり言うと

  • 舌の表面の白い汚れ「舌苔」が多いと、がんの原因になる可能性があるという
  • 「舌苔」が多いと、口や喉のがんの原因とされる化合物の口中濃度が高い
  • 岡山大と北海道大のチームが、健康な男女65人を対象にした実験で突き止めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング