スリムサイズながらワイン7本まで収納可能

写真拡大

コーヒーメーカーやワインセラーなどを扱うデバイスタイルホールディングス(東京都中央区)は、「deviceSTYLE(デバイスタイル)」ブランドから、コンパクトワインセラー「CD-7」を、販売会社フロントランナーを通じ2015年4月1日に発売する。

冷却方式は振動が少なくワイン熟成に最適なペルチェ方式採用

同社によれば業界最小という設置面積0.079平方メートルに加え、幅わずか150ミリを実現した。コンパクトサイズで設置場所を選ばず、わずかなスペースでも設置可能。1度刻みのきめ細かな温度設定が可能で、7〜18度という広い温度帯域を持つ。見やすい白色LEDのデジタル操作パネルや、LED庫内灯を装備するなど、基本機能も充実させた。ドアは保温効果が高いペアガラスを採用する。

冷却方式は、フロンなどの冷媒やコンプレッサーを使わずに冷却効果が得られ、振動が少ないためワイン熟成に最適だという「ペルチェ方式」を採用。定格内容量が23リットル、収納本数が7本。消費電力が70ワット。ドアハンドル、ワイン棚(7枚)、転倒防止用留め具、スペーサーなどが付属する。