ドイツ機墜落事故は「意図的な行為」なのか

写真拡大

ドイツ航空機がアルプス山中に墜落した事故。フランス捜査当局が事故の2日後に副操縦士の意図的な行為だとの見解を発表したことについては疑問も提示されている。

「ドイツ機墜落事故は「意図的な行為」なのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドイツの格安航空会社ジャーマンウイングス9525便がフランスのアルプス山中に墜落した3月24日(現地時間)の事故に関して、フランスのブライス・ロビン検察官が26日に発表した内容は衝撃的なものだった。[訳註:『ニューヨーク・タイムズ』誌が明らかにしたもので、離陸後、パイロットのひとりがコクピットから出たきり閉めだされ、中に戻れなくなっていた。]

だが、これは何を根拠にした話なのだろうか。もちろん、ロビン検察官はわれわれに明かしていない情報をもっているのだろうが、彼はどうやって「副操縦士が意図的に飛行機を墜落させようとした」という結論に辿り着けたのだろうか。

まず、われわれにわかっているのは、機長(ネット上の各種報道によれば、名前はパトリック・ソンダーハイマー)がコクピットを出た後、再び入ることができなかったということだ。

副操縦士のアンドレアス・ルビッツは、ドアがノックされていることに気付かなかったという。これが意図的なのかどうかは、われわれにはわからない。わかっているのは、ルビッツ副操縦士が正常な呼吸をしていたということだ。彼が呼吸をしていたのに、ドアがノックされているのを無視するという不適切な行動を取ったのは、意図的なのかもしれないし、適切な行動が取れない状態にあったのかもれない。

飛行機が降下したことはわかっている。だが、その降下が飛行機のプログラミングによって行われたのか、副操縦士の手動操作によって行われたのかはわからない。パイロットが混乱状態になったり意識を失ったりすると、山が近づいているという危険な状況を確認、認識し、行動を取ることはできない。どちらの可能性もあるが、現時点で示されてる証拠だけでは結論は出せない。

米国などほかの国とは異なり、フランスでは、司法当局がコクピットのヴォイスレコーダーとフライトレコーダーを管理してから、フランス航空事故調査局(BEA)に提供する。

ほかの国では、航空機の安全に関するベテランの調査官らが、事故につながる複数の要因を把握し、すべての証拠が整ってから結論を導き出すのが普通だ。

結果としてフランスでは、飛行機事故が犯罪という観点で捉えられやすい。1988年に起こったエールフランス296便事故では、フライトレコーダーのデータに関するBEAの調査結果が疑われた(リンク先によると、イギリスの主席事故調査官が、フランス当局の事故調査結論には矛盾があるとして異を唱えた。事故原因はパイロットエラーとされたが、事故機の機長はのちに、エアバス機の欠陥、つまり、フライトコントロールシステムがパイロットよりもコンピューター優先であるために起こったと主張。同種の事故はその後も起こっている)。

マルセイユのフランス捜査当局が、論理を大きく飛躍させ、副操縦士が「意図的に」飛行機を墜落させて150人の搭乗者全員の命を奪ったと結論付ける理由は、筆者にはこれしか見当たらない。

筆者が見たり聞いたりした範囲では、副操縦士が故意に事故を引き起こしたのかどうかについての答えは得られていない。ジャーマンウイングス9295便で実際に何が起こったのかを知る上で、このことは実に大きな違いを生む。

※2014年4月には、セキュリティ企業IOActive社が、衛星端末に関して、ハッカーがリモートアクセスに悪用できる脆弱性があると発表。船舶や航空機、地上部隊の間違った位置への誘導等が可能だという警告を行っている(日本語版記事)。2013年10月には、GPSネットワークシステムに侵入することで、何千kmも離れたコンピューターから、貨物船の航路を自由に操作できることが実証されている。また、2014年3月のマレーシア航空370便の事故に関しては、悪意ある乗客がスマートフォンを利用して、飛行管理システムに虚偽データを送り込むことができるという「スマホでハイジャック」説も浮上した

一方、1997年のシルクエアー事故1999年のエジプト航空事故など、パイロットが故意に墜落させたとされる航空事故は、これまでに5件は起こっている

TAG

AccidentFlightAccidentGermanyWIRED US