川島「試合の流れを読みながらやっていきたい」…27日チュニジア戦

写真拡大

 日本代表は26日、チュニジア代表と対戦するキリンチャレンジカップ2015の前日練習を、試合会場の大分スポーツ公園総合競技場で行った。練習後、スタンダール・リエージュに所属するGK川島永嗣が記者団の取材に応じている。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ体制の始動から間もない中、川島は「監督もいろんなことを選手に伝えようとはしてるし、選手も監督が考えることを理解してると思うので、明日(27日)はここからどうやって完成度を高めていけるかっていうチャレンジになると思う」と言う。

 ハリルホジッチ監督はここまでの合宿でシュートやゴールに向かうスピードを選手たちに求めているが、「GKにはそんなことはないですけど、チーム全体の考え方はGKも一緒なので、チームと同じ意識を持ってやっていきたいなと思っています」と話した。
 
 新体制の初陣はチュニジア代表との一戦。川島は「試合の流れを読みながら、ゲーム展開もやっぱり速くしないとっていうのもあると思いますし、自分自身もしっかり感じながらやっていきたいと思います」と試合をイメージしている。