『おばけちゃん』/(c) CCMS  (c) nihon animator mihonichi LLP.

写真拡大

スタジオカラードワンゴによる短編アニメ配信プロジェクト「日本アニメ(ーター)見本市」の第15弾『おばけちゃん』が、3月27日(金)に公開された。

【「私は死なないわ…おばけだもの」 コヤマシゲト初監督アニメがキュートの画像・動画をすべて見る】

ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの原画・デザインワークスや映画『ベイマックス』のコンセプトデザインなどを手がけるデザイナーのコヤマシゲトさんが絵を、『交響詩篇エウレカセブン』や『THE IDOLM@STER』などのデザインを手がけるデザイナーの草野剛さんが脚本を担当した同名の絵本が原作。

アニメでは、草野剛さんがテロップを、コヤマシゲトさんが絵コンテ・キャラクターデザイン・作画監督に加えて自身初となる監督をつとめている。

微笑ましくて癒される おばけちゃんの日常


『おばけちゃん』/(c) CCMS  (c) nihon animator mihonichi LLP.


『おばけちゃん』は、もともとコヤマシゲトさんと草野剛さんによる同人サークル・CCMSから刊行されている絵本。今回、原作者である2人によって初のアニメーションとなった。

演出は、前作の日本アニメ(ーター)見本市作品『SEX and VIOLENCE with MACHSPEED』で、コヤマさんと共にデザインとストーリー原案を手がけたTRIGGER所属の若林広海さんが担当。

他にも、原画協力・特技監修に庵野秀明さん、エンディング原曲に鷺巣詩郎さん、企画協力に鶴巻和哉さんなど、いずれも「エヴァンゲリオン」シリーズなどで知られる豪華なクリエイターがクレジットされている。

『おばけちゃん』/(c) CCMS  (c) nihon animator mihonichi LLP.



物語は、おばけなのに怖がりで、人を驚かすことが苦手な主人公の少女・おばけちゃんと、その周りの人々の日常を切り取った、ショートショート仕立てのオムニバスコメディ。

死神先輩に憧れて奮闘するおばけちゃんの姿や、なぜか登場するRPG風の戦士や魔法使いたちをシュールに描いており、随所に「エヴァンゲリオン」シリーズなどのパロディが散りばめられている。

『おばけちゃん』/(c) CCMS  (c) nihon animator mihonichi LLP. のコピー



なんとも微笑ましいが、ラストには衝撃の展開が待っているので気が抜けない。

また、3月30日(月)には、制作陣が秘話を語る「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」を放送。前述のコヤマさん、若林さん、草野剛さんも参加する。



原作者そろっての振り返り放送、前作のgalaxxxyコラボも


「SEX and VIOLENCE with MACHSPEED」× galaxxxyコラボTシャツ

「SEX and VIOLENCE with MACHSPEED」× galaxxxyコラボTシャツ


4月10日(金)からは、コヤマさん若林さんが参加した第14話『SEX and VIOLENCE with MACHSPEE』と、アパレルブランド・galaxxxyとのコラボTシャツを発売することも決定。

詳細は後日発表となるが、galaxxxy通販サイトならびにエヴァンゲリオンストアにて販売される予定。