スピード求めるハリル監督…清武「もっと強くならなきゃダメと言われる」

写真拡大

 日本代表は26日、チュニジア代表と対戦するキリンチャレンジカップ2015の前日練習を、試合会場の大分スポーツ公園総合競技場で行った。

 練習後、記者団の取材に応じたハノーファー所属の清武弘嗣は、「結構練習が激しくてアグレッシブにやれてるので、あとはこの短期間でやったことを明日ピッチで表現できればいいかなと思います」と、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制初の合宿に手応えを感じている様子。

 ハリルホジッチ監督からは、シュートに直結するプレーを求められているといい、「やっぱり速い攻撃、パススピード、ゲーム展開っていうのはすごく求められてると思うので、重要だと思います」と語った。
 
 また、清武は同監督から練習中、「もっと強くならなきゃダメ。もっと戦える選手にならなきゃダメ」と言われているという。「球際の厳しさにもこだわって、監督の目指すサッカーが少しでも見せられればいいかなと思います」と話した。

 ハリルホジッチ新体制の初陣となるチュニジア戦は、27日の19時30分キックオフ予定となっている。