写真提供:マイナビニュース

写真拡大

春からスタートする新生活に向けて、イメージチェンジや気分一新リフレッシュを図るのに、メガネの人は思い切ってコンタクトレンズに変えてみるのもひとつでは?筆者はその昔、いわゆる「高校デビュー」を狙ってメガネからコンタクトレンズに変えた過去がある。これだけで顔の重量だけでなく気分まで軽くなった気がしてしまうから不思議なものだ。

コンタクトレンズメーカーのシンシアは、このほど2つの潤い成分とUVカット機能を採用した1日使い捨てレンズの新製品「L-CON 1DAY MOIST(エルコンワンデー モイスト)」を発売した。

同商品は、装着のしやすさはもちろん、経済的にもリーズナブルな価格で提供する同社の“L-CONシリーズ”のラインナップとして登場。レンズ保存液中には潤い成分としてドライアイ治療の人工涙液や化粧品として用いられる“HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)”と、軟膏やローション・入浴剤の湯ざわりを滑らかにする基材として用いられる水溶性の“PEG(ポリエチレングリコール)”の2種類を配合。ユーザーの乾燥感を軽減し、1日中快適な装用感が期待できることが特徴という。さらに、紫外線A波を約87%、B波を約98%以上のカットするUVカット機能を採用し、紫外線からも瞳を保護する。

また、非球面のレンズデザインを採用することで、にじみやぼやけの原因のひとつである“球面収差”を軽減。シャープで鮮やかな高解像度の視界を提供する。

商品価格は、1箱30枚入りで1,350円(税別)。1カ月このくらいのコストで「脱メガネ」にチャレンジできるなら案外安いものかもしれない。

(増田町)