ドイツ機墜落 副操縦士が「燃え尽き症候群」だった可能性も

ざっくり言うと

  • 24日に起きた、ドイツの格安航空会社ジャーマンウイングスの旅客機墜落事故
  • 捜査当局は26日、意図的に墜落させた殺人容疑で副操縦士の捜査を開始した
  • 独紙は、副操縦士が「燃え尽き症候群」だった可能性があると報じている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング