クラゲと音と光が融合した「ジェリーフィッシュランブル」

写真拡大

レジャー施設経営の横浜八景島(横浜市)が運営する「エプソン 品川アクアスタジアム」(東京都港区、品川プリンスホテル内)は、2015年夏フルリニューアルし、「エプソン アクアパーク品川」としてグランドオープンする。

水族館を超える都市型エンターテインメント施設

生物やアトラクションを「音・光・映像」による演出と融合させ、創造性豊かな表現で最先端の「癒し」と「驚き」を与えるグランドフロア(1階)と、水槽エリアの拡充など水族館としての魅力あふれるアッパーフロア(2階)。2つのフロアはワンウェイでつながっており、全11のゾーンで構成される。世界初のタッチパネル搭載の水槽があるインタラクティブエリア、初展示となる淡水魚・爬虫類・両生類がメインのアクアジャングルのほか、発光サンゴの光が幻想的なカフェバーなどがある。

ホテル内施設との相互割引やセットプランを設定し、貸切りや結婚式といったユニークベニュー利用にも対応するという。改装後の営業時間は午前9時から午後10時で季節によっては午前10時から。料金は高校生以上2200円、小・中学生1200円、4歳以上の幼児700円。