日本vsチュニジア 試合前日のハリルホジッチ監督会見要旨

写真拡大

 日本代表は26日、試合会場の大分銀行ドームで公式練習を行い、27日のチュニジア戦に向けて最終調整した。練習前にはバヒド・ハリルホジッチ監督が公式会見に出席した。

以下、会見要旨

バヒド・ハリルホジッチ監督

「本当に楽しみにしている。明日、我々のチームがどのようなプレーをするか期待している。3、4日間かけて一緒に仕事をしてきた。たくさんの話もしてきた。ほぼずっと私がしゃべり続けてきたが、グループとして、組織として話をしてきた。個人とも話をしてきた。選手の行動は本当に素晴らしいもので、よく話も聞いてくれた。昨日、一昨日とたくさんの練習をした。戦術のトレーニングをしてきた。このトレーニングによって2つのことを向上させたと思っている。選手は規律を持って、丁寧にトレーニングをしてくれた。本当に良い雰囲気をつくってくれた。

 明日は新しい選手をプレーさせる。これまでたくさんプレーしてこなかった選手をプレーさせたい。この2試合でできるだけたくさんの選手にプレーさせたいと思っている。何人かはケガをしているが、練習は一緒にやってきた。一人は少しおなかの調子が悪く、今日は部屋に残っているが、よくなってきている。彼もグループとしてこれからもトレーニングを積んでもらいたいと思っている。

 明日は素晴らしい相手であるチュニジアと試合をする。FIFAランキングは25位。つまり我々よりもかなり高いところにいるということだ。そうは言っても、私は心の底から勝利を願っている。明日は我々のチームがどのようなプレーをするか楽しみにしている。いろんな変化を起こしたが、良い試合になると思っている」

―この3日間での手応えは? 明日はどんなフォーメーションで臨むつもりか?

「まだこのチームで対戦相手とプレーしていない。2日間トレーニングしたが、トレーニングは、やる気を持った素晴らしいトレーニングだった。明日の試合は日本代表にとって素晴らしいテストになると思う。相手はフィジカルが強い。ベストメンバーに入ってくるであろう9人は185cm以上の選手。おそらく空中戦のプレーでは我々を支配するだろう。しかし、我々は自分たちのクオリティーをしっかり使ってプレーしようと思っている。できるだけグラウンダーのパスを使って、スピードの速いパスで展開し、背後を狙っていきたい。守備のプレッシャーについてはアグレッシブに、正確にやっていきたい。我々のゴールから30mぐらいのエリアでは無駄なファウルをしないこと。チュニジアはFKでよい攻撃をしてくる。高い身長も使ってくる。それは我々のゴール前でかなり危険になる。

 システムについてだが、その説明をするにはみなさん1時間、2時間残ってもらうことになる。我々がボールを持っているときは全員で攻撃をする。我々がボールを持っていないときは全員でディフェンスをする。今日の夜のミーティングで攻撃も守備も各自にかなり詳しい役割を説明しようと思っている」

―この合宿で選手に求めた最も大きな改善点は? 先発メンバーはいつ選手に伝えるつもりか?

「この3、4日間、選手と一緒にいるが、たくさんのミーティングをしてきた。いろんなビデオも見せたが、我々のプレーをどうやってやるべきかという分析に基づいだものだ。いくつかの点は改善させないといけない。守備の面でも攻撃の面でも、かなり詳しく説明した。球際のところでもっと激しく行くように、勇気を持ってやるように要求している。私の勝利という言葉も伝えた。一番の目的はW杯に行くことだということも伝えている。数年後の話だが、これを考えないといけない。

 昨日の夜に海外組とも個人的に話をした。そのあと、国内組のグループともミーティングをした。国内組、海外組がどうやってプレーすべきかということを踏まえて、正確なメッセージをいくつか伝えた。彼らはそのディスカッションを丁寧に受け取ってくれたと期待している。今晩、明日の試合に向けたメンバーを言うかもしれない。何人か新しく入ってきたメンバーもいるので、彼らを勇気づけたり、怖がらないようにということも伝えようと思う。今回は多くの選手を呼んだが、次もこんなに呼ぶかどうかは決めていない。選手にはこのチャンスをものにしてほしいと伝えている」

―初戦で一番求めるものは?

「たくさんのことを話してきた。このチームが本当に強くなってほしいと思っている。攻撃面に関しても、ディフェンス面に関してもだ。映像も使って、たくさんの分析をしてきた。おそらくこのチームがこのレベルになるだろう、ここを向上しないといけないというビデオを作った。メンタル面に関しては、もっと勇気を持って、もっとアグレッシブに行ってほしいと思っている。現代フットボールでは、球際のところで強く行かないと試合に勝つことはできない。これから選手には個人的なトレーニングも課そうと思っている。

 ただ、このチームに関しては楽観的に考えている。2回、3回とトレーニングをしたが、非常に満足している。これから時間をかけて、我慢をしながらやっていきたいと思っている。そうすればさらに高いレベルに行くことができる。最初は冒険だと思っている。この冒険がロシアに続くと期待している。ツーリストとしてロシアに行くのではない。私はW杯に本当に行きたいと思っている。数年後の話だが、もうすでにロシアへの準備は始まっている」

(取材・文 西山紘平)