新体制初陣でも、早速サバイバル…吉田麻也「次に向けた生き残り」

写真拡大

 日本代表は26日、チュニジア代表と対戦するキリンチャレンジカップ2015の前日練習を、試合会場の大分スポーツ公園総合競技場で行った。

 新体制の初陣を控え、練習後に吉田麻也は「コンセプトをどんどん詰め込んでくれているので、自分としても新しいことを吸収できるんじゃないかなと期待しています」と語る。

 始動間もない中での試合となるが、「まずは勝つこと。短い間ですけど、やりたいことを攻守ともに出すこと」と強調する。

「監督への一人ひとりのアピール。今回はトライアウトみたいなもの」とも表現する吉田。「監督も全部把握しきれていないだろうし、次に向けての生き残りをかけてやっていかないといけない」と、気を引き締めていた。

 ハリルホジッチ新体制の初陣となるチュニジア戦は、27日の19時30分キックオフ予定となっている。