危機感語る今野泰幸「頭や体を切り替えないと生き残れない」

写真拡大

 日本代表は26日、チュニジア代表と対戦するキリンチャレンジカップ2015の前日練習を、試合会場の大分スポーツ公園総合競技場で行った。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣となる一戦を控え、今野泰幸は「監督のやりたいサッカーは理解しているつもり」と語る。一方で、新体制での合宿4日目ということもあり、「それを実践するのはなかなか難しい作業。僕らに色々なクセがついているから、そのクセを直していかないといけない作業もある」とコメント。「代表の時は頭や体を切り替えていかないと。そうでないと生き残っていけない」と危機感を口にする。

 合宿期間中には、数多くのミーティングも実施。「(監督は)サッカーの本質を大事にしている。球際や絶対負けない気持ちを持つとか。どういうサッカーをしようということはチーム全員に話してくれるので、同じ方向は向けると思う」と、初陣に向けてチーム一丸の様子を明かした。

 ハリルホジッチ新体制の初陣となるチュニジア戦は、27日の19時30分キックオフ予定となっている。