独エアバス機墜落事故 操縦室に「異変」があったと認める

ざっくり言うと

  • ドイツのジャーマンウイングス旅客機が24日、仏のアルプスに墜落した事故
  • 墜落時、操縦室にはパイロット2人のうち1人しかいなかったことが判明
  • 仏当局はさらに調べ、機体の急降下など墜落との関係を究明する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング