モナコのレギュラーCBを務めるアブデヌール。足下の技術にも長けたレフティでチュニジア代表でも中軸となる存在だ。(C) Getty Images

写真拡大

 日本サッカー協会は3月26日、同27日に大分スポーツ公園総合競技場で日本代表と国際親善試合を行なうチュニジア代表の来日メンバーを発表した。
 
 メンバーには、現在チャンピオンズ・リーグで8強入りを決めているASモナコの技巧派CBのアブデヌールや、ヘルタ・ベルリンで原口とスタメンを争うサイドアタッカーのベン=ハティラなどが名を連ねている。
 
 チュニジア代表は25日に日本に到着し、26日の19時30分から公式練習に臨む。
 
 チュニジア代表の来日メンバーは以下のとおり。
 
■チュニジア代表 来日メンバー
【監 督】
 ジョルジュ・レーケンス
 
【選 手】
GK
1 ファルーク・ベン・ムスタファ(クラブ・アフリカン)、22 モエズ・ベン・シェリフィア(エスペランス・スポルティーブ・ド・チュニス)、16 アシュラフ・クリール
 
DF
2 シアム・ベン・ユーセフ(アストラ・ジュルジュ/ルーマニア)、3 アイマン・アブデヌール(ASモナコ/フランス)、12 アリ・マールル(CS スファクシャン)、20 モハメド・アリ・ヤークビ(エスペランス・スポルティーブ・ド・チュニス)、17 ハムザ・マトルティ(CA ビゼルティン)、21 シャムスッディン・ダワディー、5 ウサマ・ハダディ
 
MF
6 ウシン・ラグ(エスペランス・スポルティーブ・ド・チュニス)、14 ウシン・ナテル(クラブ・アフリカン)、9 ヤッシン・シカウィ(FC チューリヒ/スイス)、19 サベール・ケリファ(クラブ・アフリカン)、10 エニス・ベン=ハティラ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)、15 モハメド・アリ・モンセル(CS スファクシャン)、25 モハメド・グアイダ(ハンブルク/ドイツ)、7 マヘル・ハンナシ、24 モハメド・ワイル・ラルビ
 
FW
13 フェルジャニ・サッシ(CS スファクシャン)、23 アハメド・アカイチ、8 アミル・オムラニ、11 タハ・ヤッシン・ケニッシ