灼熱のピッチで前日練習のU-22日本代表…明日はマカオと対戦

写真拡大

 U-22日本代表は26日、翌日にAFC U-23選手権予選(リオ五輪アジア一次予選)初戦となるマカオ戦に向けて、試合会場となるシャーアラム・スタジアムで前日練習を行った。

 DF亀川諒史(福岡)に代わり急きょ招集されたDF室屋成(明治大)を含む全23選手がそろい、試合前には手倉森誠監督を中心に円陣を組んでミーティングを行った。その後、フィールドプレーヤーは2人1組に分かれてパス交換を行ない、GK3選手はキャッチングの練習を行いピッチの感触を確かめた。

 記者席に置かれた温度計が40度を差し、歩くだけでも喉が渇く中、その後フィールドプレーヤーは細かいステップを踏んだダッシュを繰り返すと、ビブスあり組とビブスなし組に分かれてミニゲームを行った。

【ビブスあり組】

    鈴木

南野  浅野   荒野

   原川 遠藤

安在 植田 岩波 室屋

    櫛引

【ビブスなし組】

    久保

豊川  中島  野津田

   矢島 大島

山中 奈良 西野 松原

    犠川

 その後、MF矢島慎也(岡山)、MF豊川雄太(鹿島)、とDF安在和樹(東京V)、MF野津田岳人(広島)らがキッカーを務めるセットプレー練習を入念に行ない、約1時間の前日練習を終えた。

(取材・文 折戸岳彦)