ハリルホジッチ、初陣控え決意「冒険がロシアに続くと期待する」

写真拡大

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は26日、チュニジア代表と対戦するキリンチャレンジカップ2015の前日会見に出席した。

 初陣に向けた合宿4日目を迎え、指揮官は「たくさんのことを話してきた。このチームが攻撃面でも守備面でも本当に強くなって欲しい」と語る。合宿期間では、チームの改善点を集めた映像も見せたという。「メンタル面はもっと勇気を持って、もっとアグレッシブに行って欲しい。現代フットボールでは、球際で強くいかないと勝つことはできない」と語った。

 一方で、「このチームに関しては楽観的に考えている」というハリルホジッチ監督。「2、3回トレーニングしたが、非常に満足している」と充実も感じさせる。13日に就任して初陣を控え、「最初は冒険だと思っている。この冒険がロシアに続くと期待している。何度も言っているが、ロシアには旅行でいくのではない。数年後の話だが、本当にワールドカップに行きたい。ロシアへの準備は始まっている」と、決意を示した。

 ハリルホジッチ新体制の初陣となるチュニジア戦は、大分スポーツ公園総合競技場で開催。19時30分キックオフ予定となっている。