■3月特集 アスリートの春 〜卒業、そして新天地へ〜(7)

「こういった舞台に戻ることができて幸せです」

 5年ぶりに日本代表ジャージを着用し、『JA全農 世界女子カーリング選手権札幌大会 2015』(3月14日〜22日/北海道)に挑んだ近江谷杏菜(25歳/北海道銀行)は、そう言って笑顔を見せた。

 近江谷は5年前、当時日本のトップに君臨していた、チーム青森に所属していた。20歳の近江谷はチーム最年少ながら、主力メンバーとして奮闘。2010年2月に開催されたバンクーバー五輪にも出場した。その直後には、カナダ・スウィフトカレントで行なわれた世界選手権(2010年3月)にも参加。以降も、近江谷は日本代表として活躍していくと思われた。が、今回の世界選手権まで、近江谷は"世界の舞台"から離れていた。

 5年前の世界選手権のあと、所属するチーム青森の状況が一変したからだった。チームの看板選手である本橋麻里がチーム青森から脱退。新チームを立ち上げた。スキップの目黒萌絵も、結婚・出産のために青森から離れた。

 近江谷は青森市役所に勤務しながらチーム青森に残ったものの、ふたりの主力を失ったチームが常勝軍団であり続けることは困難だった。日本トップの座は、新たに台頭してきた中部電力に奪われた。そして2010年以降、チーム青森が国内の頂点に返り咲くことはなく、2013年、ついにチームは活動休止となった。チームメイトの石崎琴美や山浦麻葉らは、プレイヤーとしての活動にそれぞれ区切りをつけた。

 しかし、近江谷は「(プレイヤーとして)アイスから離れる、という選択肢はまったく考えなかった」という。再び、世界の舞台で戦いたい、という思いが強かったからだ。

 その理由のひとつに、バンクーバー五輪での苦い経験がある。同大会で近江谷は、極度の不振に陥っていた。ショット成功率(※)が50%にも届かないゲームもあって、大会途中からはリザーブ(補欠)に回った。
※スキップの指示どおりのショットであったか、専門の記録員がショットごとに判定し、平均化したもの。略して「ショット率」と呼ぶことも多い。

「(バンクーバー五輪では)カーリング人生の中でも、『こんな経験はない』というくらい(ショットが)決まらなかった。具体的にどこが悪いのか、まったくわからなくて、(ショットが)悪い、ということだけがわかっていた。どうすればいいのか、考えても、考えても答えは出なかった。それが、怖かったですね」

 バンクーバー五輪について振り返ったとき、近江谷はそう語っていた。だからこそ、再び世界で、五輪の舞台で、どうしてもカーリングをしたい気持ちが強い、とも。

 ゆえに昨春、ソチ五輪出場チームである、北海道銀行のスキップ・小笠原歩から連絡を受けると、同チーム入りを即決した。自身の強い思いを実現するうえで、何ら迷いはなかった。

 2014年ソチ五輪を5位で終え、2018年平昌五輪に向けて、さらなる強化を図る北海道銀行にとっても、「国内トップクラスの経験と技術を持っている」(小笠原)という近江谷は、獲得したい人材のひとりだった。

「(チームに)期待されていることは光栄だし、日本代表(北海道銀行)の一員となれてうれしく思う」(近江谷)

 そうして戻ってきた"世界の舞台"で、近江谷はいきなり輝きを見せた。

 世界選手権初戦、世界ランキング3位で今大会の覇者となったスイス戦では、96%というショット成功率を記録した。これは、初戦に出場した全選手の中で最も優れた数字で、難易度の高いウィック(※)も決めた。
※相手のガードストーンに当てて、相手ストーンの場所をずらすショット。リード(1番目の選手)が投げたハウス外のストーンは、当ててもいいが、アウトさせてはいけない。その分、精緻なショットが求められる。

 結局、試合には敗れたものの(3−5)、今季から務めるリードポジションの役割を存分に果たして、チームのゲーム構築に大きく貢献した。

 その後、日本は4連勝を飾るなど快進撃を見せたが、最終的には6勝5敗で予選リーグ6位。上位4チームが進める決勝トーナメント進出はならなかった。大会の中盤以降は、近江谷もショット成功率が低下し、ミスも目立つようになった。予選リーグ終了後、近江谷は自ら、大会を通してパフォーマンスを維持する体力、安定したショット、さらにアイスリーディング(※)を、今後の課題に挙げた。
※気温や使用状況などによって、刻一刻と変化するアイスの状態を読む技術。

 それでも、近江谷の新たな挑戦は始まったばかり。「再び五輪の舞台へ」という目標に向けては、まずまずのスタートを切ったと言える。もちろん、反省や課題はあるものの、「チーム加入1年目で世界選手権に出場できたことは大きかった」と言うように、彼女なりに得た収穫は少なくなったはずだ。加えて、北海道銀行加入後は「生まれて初めてのポジション」というリードを任され、自らのことを「最初に投げる人」と呼ぶなど、その役割に対する責任や自負は日に日に増しているようだ。近江谷が語る。

「(試合では)いちばん最初に投げる私が、どのくらい滑る氷なのか、その状態をできるだけ早く察知して、把握しなければいけない。ただ、今大会では、それがいちばんできなかった。その分、悔しいし、(自分にとって)大きな課題となりました。

 収穫としては、何より世界の舞台で真剣勝負ができたこと。3年後(の五輪)を見据えると、すごく貴重な経験になったと思います。そういう意味では、来年もこの舞台で戦いたい。特に来年からは、オリンピックポイント(※)もかかわってきます。自分たちも、上のレベルにひとつ、ひとつ上がっていって、世界選手権で結果を残せるようにしたい」
※五輪の出場権は、五輪から逆算して直近2年の世界選手権の成績によって、上位チームに与えられてきた。平昌五輪でも同様の方式が採用される予定で、五輪出場には2016年、2017年の世界選手権の結果が重要になる。

 ソチ五輪で5位、今回の世界選手権で6位。日本(北海道銀行)が、世界の中位にいることは間違いない。だが、スキップの小笠原をはじめ、メンバーの誰もが満足してはいない。

「負けから学ぶことは多い。同じミスをせず、同じ負け方はしたくない。来季以降、しっかりと課題を修正して戻ってきます」

 小笠原のその言葉を受けて、準決勝、決勝が行なわれている会場のスタンドには、世界トップランクのカナダ(準優勝)やスイス(優勝)のショットを注視している近江谷の姿があった。はたして彼女は、世界の頂点との距離をつかむことができたのか。近江谷のアイスリーディングと安定したショットなくして、北海道銀行が、日本が、世界のトップに割って入ることはできない。

竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro