ダレノガレ明美

写真拡大

25日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、博多大吉が、タレントのダレノガレ明美の意外な特技を明かした。

番組では、アスリートタレント・武井壮が「どこかの始球式で140キロを投げたい」と願望を口にしたことから、球技の話に展開した。

大吉は、ダレノガレがソフトボールに精通していると切り出した。大吉によると、ダレノガレは中学時代に全国大会3位の結果を残した実力の持ち主だという。今の細身のモデル体型からは想像がつかないが、当時は体格がよく、キャッチャーを務めていたことを本人から聞いたそうだ。

大吉と共演した番組で、ダレノガレは、ソフトボール日本代表のピッチャーの球を見事打ち返したのだとか。

すると武井も、「アイツ、うまい」「本物」などとダレノガレを評価。以前にダレノガレと一緒に野球をしたとき、タレントや野球経験者が入り混じる中、「キャッチングは一番うまかった」そうだ。

大吉は「芸能界は獣道ですよね」「いろいろな牙、というか爪を隠しながらみんなやっているから」と、感嘆するようすを見せた。

【関連記事】
ダレノガレ明美、日本人男性への不満を激白「鍛えずに細いままでいる」「女の子みたい」
ダレノガレ明美が、16歳・黒髪時代の写真をTwitterに投稿「ちなみにモテ期でした」
ダレノガレ明美がTwitterでアンチを挑発?「私の大ファンかと思った」