バルセロナのコンクリート橋、汚染物質を分解して空気を綺麗にする

写真拡大

スペインのバルセロナにある幹線道路に架かる橋に、汚染物質を分解する「光触媒コンクリート」が使用される。そのほか、木々でいっぱいの高層マンション「垂直の森」など、世界の各都市で進む「大気をクリーンにする建築」例も紹介。

「バルセロナのコンクリート橋、汚染物質を分解して空気を綺麗にする」の写真・リンク付きの記事はこちら

スペインのバルセロナにある幹線道路に架かる橋に、汚染物質を「食べる」光触媒コンクリートが使用される。このコンクリートは、太陽エネルギーを利用して、汚染された空気を酸素や水などに分解し、橋自身と、その周りの空気をきれいに保つ。

このハイテク・コンクリートは、都市建築会社BCQ社が手掛けるサラエヴォ橋の大規模な再開発計画に使用される。サラエヴォ橋は、バルセロナの北側を走るアヴィングーダ・メリディアナ道路に架かっている。

光触媒コンクリートは、酸化チタンの光触媒作用により、スモッグや、路面に付着した汚染物質を分解するというものだ。汚染物質を酸素や水、二酸化炭素、硝酸塩、硫酸塩に変え、雨で汚染物質を洗い流す。つまり、有害な工業用化学物質でコンクリートを洗浄する必要はほとんどなくなることになる。

同様の技術はすでに、パリ近郊のシャルル・ド・ゴール空港内にあるエールフランス航空のオフィスや、ローマにあるジュビリー教会(ミレニアム教会)にも使用されている。

新しいサラエヴォ橋には、ソーラーパネルも設置され、LED照明用のエネルギーを得る。また、舗装道路には燐光性物質が使用される。さらに、植物とパーゴラで日陰をつくり、都市の中に人々が楽しめる新しい空間を設ける、とBCQ社は述べている。

Sarajevo Bridge 2

建築物で大気をクリーンにしようとする例は最近、世界各地で増えてきている。

オーストラリアのシドニーにある33階建てマンション「One Central Park」(日本語版記事)では、電動式の鏡を使って太陽光を反射させ、日陰になる部分に反射光を落とし、真夏には逆に太陽光を遮ることもできるほか、18万本の植物に覆われた壁面緑化を実現している

また、建築家ステファノ・ボエリが設計したミラノの高層マンション「Bosco Verticale」(ボスコ・ヴェルティカーレ:イタリア語で「垂直の森」)も、植栽を利用して汚染物質を吸収するというプロジェクトだ(以下の画像)。

337px-Boscoverticalemilano

TAG

Air PollutionArchitectureCityGreen InnovationWIRED UK