3月21日から4日間にわたり、白馬で行なわれたIPC(※)公認2015ジャパンパラアルペンスキー競技大会。その2日目、会場内に衝撃が走った。その日実施された種目は回転(スラローム)。大方の予想では、男子座位ではこの種目の"スペシャリスト"と呼ばれる鈴木猛史(駿河台大職員)の優勝は堅いと見られていた。実際、回転では2014年ソチパラリンピックでの金メダル獲得に続いて、今シーズンはW杯で年間総合ランキング1位となっている。さらに2年に一度の世界選手権でも優勝と絶好調。本人もまた、優勝以外は考えていなかったに違いない。
※国際パラリンピック委員会(International Paralympic Committee)

 ところが、1本目のゴール手前でコースアウト。優勝どころか、2本目に進むことさえできずに終わってしまったのだ。果たして、鈴木に何が起きたのか――。

 前日の大回転でジャパンパラでは久しぶりの優勝を飾り、幸先いいスタートを切った鈴木は2日目、大本命とも言える回転に臨んだ。守る気持ちはなかったという鈴木は、1本目から気合いがみなぎっていた。だが、それがいつもの"儀式"を失わせていた。

 ソチパラリンピック直前のインタビューで、鈴木はこう語っている。

「スタートを切る直前、いつも笑顔をつくるようにしているんです。その方がリラックスして滑ることができ、結果にもつながる。だからソチでも笑顔でスタートを切りたいと思います」

 有言実行の結果、鈴木はソチパラの回転で金メダルに輝いた。

 鈴木はその後も、この"儀式"を続けてきた。それが精神的な安定をもたらし、今シーズンの好成績の要因のひとつとなっていた。ところが、今回のジャパンパラの回転では、スタート地点で鈴木の笑顔は見られなかった。

「今日は全力でいくぞ」

 そんな強い気持ちが、鈴木に笑顔をつくる余裕を与えなかったのかもしれない。

 スタートから積極的な滑りで次々と旗門を通過していった鈴木だったが、ゴール手前のストレートに入るところで、予想以上の雪質の軟らかさに板が沈み、リズム変化に対応が遅れてターンしきれず、まさかのコースアウト。旗門不通過で途中棄権という結果に終わった。

「完全に僕のミス。この雪質に合わせて、もう少し優しいタッチで滑ればよかったですね。でも、攻めたうえでの結果ですから、仕方がないです」

 悔しさを押し殺すかのように、鈴木は笑顔でそう答えた。もちろん、ミスの要因をひとつに絞ることはできないが、スタートでの"儀式"が滑りに与える影響は決して小さくないことを、鈴木は改めて感じたはずだ。

 では、なぜ鈴木はこれほどまでに気合いをみなぎらせていたのか。その理由のひとつに、世界で抱いた危機感があったのではないか。実はインタビューで、鈴木が何度も繰り返し語っていた言葉がある。

「このままではいけない」

 今シーズン、何度もそう感じたという。

「滑りの技術も、用具においても、世界のレベルがどんどん上がってきているんです。もしかしたら、今は日本よりも世界の方が進んでいるかもしれない。だから僕たちも、もっと新しいものを求めたり、滑る技術も上げていかなくていけません。今シーズンは、そう強く感じたシーズンでした」

 今シーズンの成績を見れば、回転において、世界で鈴木の右に出る者はいないと言っても過言ではない。だが、彼は言う。

「僕は世界に追いかけられている立場ではありません。僕が世界を追いかけているんです」
 
 この言葉から、いかに鈴木が危機感を募らせていたかがわかる。

 こうした「このままではいけない」という気持ちが、"儀式"を失わせてしまうほどの力みへとつながったのではないか。しかし、裏を返せば、こうした危機意識を持つことのできる鈴木だからこそ、彼は世界のトップであり続けているのだ。

 大本命だった回転で結果を出すことができなかった鈴木は、その日のインタビューをこう締めくくった。

「明日のスーパーコンビでは、回転がありますから、そこでリベンジします」

 その宣言通り、鈴木は3日目のスーパーコンビ(スーパー大回転、回転)で、2本合わせての合計タイムでは3位ではあったものの、回転ではトップのタイムをたたき出し、"スペシャリスト"としての意地を見せた。

「今、滑っていて、すごく楽しいんです。だから、もっともっと楽しく滑れるように、強くなりたいと思います」

 世界の"スペシャリスト"となった今もまだ、鈴木の向上心が尽きることはない――。

取材・文●斎藤寿子 text by Saito Hisako