編集者必携かも!? カシオが音声をキーワード検索できるボイスレコーダーアプリを発売

写真拡大

カシオ計算機は、iOS向けのボイスレコーダーアプリ『キーワード頭出し ボイスレコーダー』を『AppStore』で発売しました。ただのボイスレコーダーではなく、その名の通り録音した音声から、指定のキーワードをしゃべった個所を認識、頭出しできるキーワード検索の機能を搭載するのが特徴。通常価格は500円のところ、4月30日まで300円で提供します。

ボイスレコーダーで録音した音声を聞き返すとき、「この話をしているところだけ聞きたい」と思っても、なかなかその個所にたどり着かない、という経験をした人は多いのでは。最近では録音中にタグをつけられるボイスレコーダーもありますが、話を聞いている最中は操作しづらかったり、録音した話の中で重要だと思う個所は後から変わってしまうこともあったりして、実はあまり実用的ではありません。



カシオのボイスレコーダーアプリは、たとえば新しいアプリの発表をしている音声から「あたらしいアプリ」と発音している個所を検索し、頭出しができる機能を搭載します。録音した音声の発音はすべてインデックス化されていて、アプリから入力したキーワードを音声化、該当個所を照合するという仕組み。


頭出しした個所はマークやメモ、写真などでタグづけすることもできます。


既にほかの機器で録音した音声をインポートして、検索できるようにインデックスを作成することも可能。たとえば1時間録音した音声は、30分程度でインデックスが作成できるとのこと。

編集者にとっては、インタビューの書き起こしがかなりはかどりそう。インタビュー中に「ここは後で聞きたくなるはず」と思ったら、検索用のキーワードを自分でしゃべってしまう、という使い方もできそうです。たとえば「ですよねー」と相手に相づちを打っているように見せかけて、後でアプリで「ですよねー」のキーワードで検索するとか。記者や編集者に限らず、業務の打ち合わせやインタビューを録音して活用している人もチェックしてみては。

キーワード頭出し ボイスレコーダー(AppStore)
https://itunes.apple.com/jp/app/kiwado-tou-chushi-boisurekoda/id970353777?l=ja&ls=1&mt=8

キーワード頭出し ボイスレコーダー - カシオ計算機
http://world.casio.com/app/ja/voice_recorder/

ボイスレコーダーFIX(YouTube)
https://youtu.be/MGd_o6p_O1c