「アップルは世界初の1兆ドル企業になる」アナリストが予想

写真拡大

2012年にエクソンを超えて第1位になったアップルの時価総額は、現在7,440億ドル。2016年3月には1兆ドルを超えるという予想もある。「Apple Watch」や中国での成長、電気自動車参入の可能性などが理由だ。

「「アップルは世界初の1兆ドル企業になる」アナリストが予想」の写真・リンク付きの記事はこちら

アップルはまもなく世界初の1兆ドル企業になるだろうと、あるアナリストが予想している。発売間近の「Apple Watch」に加えて、中国での成長、そして、将来における電気自動車の噂(日本語版記事)などが、急拡大が予想される理由として挙げられている。

この記録的な数字は、アップルについて以前から楽観的な予想を続けているCantor Fitzgerald社のアナリスト、ブライアン・J・ホワイトが示したものだ。ホワイト氏は顧客に宛てた説明のなかで、アップルの株価は2016年3月には180ドルとなり、時価総額は1兆500億ドルになると予想している。

これまでに、時価総額(株価に、発行済み株式数を掛けた数値)が1兆ドルを超えた企業はない。

アップルの株は現在127ドル前後で取引されており、時価総額は7,440億ドルだ。ちなみに、第2位はExxon Mobil社で、時価総額は3,820億ドル。第3位はグーグルで、時価総額3,650億ドルだ(「ウォールストリート・ジャーナル」紙の記事は、2008年から現在までの3社+ウォルマートの時価総額推移のグラフを掲載している。アップルは2012年にExxonを超えて第1位になった)。

ホワイト氏は、Apple Watchの1年目の売り上げが2,060万個に達する可能性があると概算するとともに、長期的に見ると米国自動車市場で5,490億ドルの「チャンス」があるとも見込んでいる。

180ドルというホワイト氏の株価予想は、同氏の次に楽観的なアナリストと比べても、1株あたり20ドル高い。平均すると、アップルの株価は今後12カ月で140ドル前後に達すると予想されている。

TAG

AppleWIRED UK