ロボット掃除機iRobot「ブラーバ」が、「ルンバ」に続き生活を変える

写真拡大

iRobotのロボット掃除機「ルンバ」は掃除の世界を変えた。生活のリズムを大きく改善してくれた。そしてiRobotはまたもや、この世界にイノヴェイションを起こすアイテムを投入する。

「ロボット掃除機iRobot「ブラーバ」が、「ルンバ」に続き生活を変える」の写真・リンク付きの記事はこちら
WIRED
・疲れるし時間のかかる拭き掃除に特化した初めてのロボット掃除機
・AVラックの下もきちっと拭き上げてくれるコンパクトボディ
・最初は動作しているのか不安になるほどの低騒音
TIRED
・畳、じゅうたんには未対応。床質を選ぶ仕様
・ランニングコスト(交換用クロス)がかかる
・赤外線照射器の「ノーススターキューブ」の電源が単二乾電池

iRobot社は政府機関向けロボットと家庭向けロボットの2つの柱をもつ企業で、コンシューマー部門はロボット掃除機の分野でトップブランドとなっている自律型家庭用掃除ロボット「ルンバ」を擁している。

新しい生活価値を提供したルンバに続き、新た仲間がジョインした。それが拭き掃除のロボット掃除機「ブラーバ」だ。WEBで先行発売されていたがこの4月に店頭での販売も開始する。

もともと気になっていたロボットだった。今回機を得て、1人と猫2匹住まいの1DK賃貸マンションで、彼と1週間ほど同居した。

ダストボックスをもたない拭き掃除専用機

他のルンバファミリーと比べると、ブラーバはコンパクト。それもそのはず、モップ代わりの専用タオルを床に押しつけて拭き上げる拭き掃除専用機ゆえに、吸引モーターもダストボックスもフィルターももたない。ホコリや大きなゴミの除去はルンバやその他の掃除機にまかせるという前提で、ブラーバはルンバが掃除したあとの床に残る皮脂汚れ、食べこぼしあと、髪の毛、ハウスダスト、花粉などを除去するための(そしてフローリングを磨き上げるための)ロボット掃除機としてつくられているわけだ。

コンパクトボディのメリットとして、通常の掃除機がけが困難な机、ベッド、椅子の下にも難なく進入可能。そして見えない部分の床まで着実に拭き上げてくれる。

床の上を素足で歩くと、床の上に砂粒ひとつあるだけで不快感が募ってしまう。しかし普段からブラーバで拭き掃除をしていれば快適そのものだ。猫が、トイレから肉球につけてもってきた猫砂のカケラも気にしないですむようになる。付属のマイクロファイバー製クロスのキャプチャ能力も高いのだろう。

この季節は窓から侵入、または服に付着してきた花粉が床に落ち、ちょっとした空気の流れとともに舞い上がってしまいがち。さらには床の上の花粉を踏んでしまうことで、ただでさえ小さなアレルゲンが割れて崩れて、空気清浄機ではキャプチャできない微小サイズになってしまうという。

ゆえに花粉症対策として日々の雑巾掛け、モップ掛けが欠かせないが、その時間がとれないという人は多いだろう(面倒くさいとい人もいるだろう)。なるほど、ブラーバは花粉症を患っている、そして忙しい日々を送っている人にとっても有効なアイテムだ。

から拭き、水拭きともに対応

ブラーバには2つのパッドと2つのクロスが付属する。1つはから拭き用のクリーニングパッド×ドライクロス。もう1つは水拭き用のウェットクリーニングパッド×ウェットクロスだ。から拭き(ドライモード)時は直線的に動き、床全体を効率よく拭き上げる。水拭き(ウェットモード)時はモップがけをするように動く。クリーニングパッドはマグネットで固定されており、交換は簡単。水拭きをしてからのから拭きも手軽に行える。

対応する床はフローリング、タイル、リノリウム、クッションフロアなど。固い材質の床にフォーカスを合わせている。じゅうたんや畳、カーペットには使用できない(厚くワックスをかけた、もしくはフロアコーティングをしたフローリングにも適さない)。

高さのあるラグを認識すると無理に進むことはなくちゃんとターンしてくれる。ぼくの家はフローリングだけだったので、このスキルで十分に満足できた。

静かすぎる動作音

ブラーバの電源を入れ、床の拭き上げを開始して驚いた。動作音がほとんどないのだ。耳に入るのはわずかに響くモーター音くらい。壁際のPCデスクに向かったときもあまりの静かさから、どこかに入り込んで抜け出せていないのかと心配になって振り向いたが健気に床を磨いていた。

寝る寸前に電源を入れたこともあったが、気兼ねすることなく熟睡できた。ロボット掃除機にしても他の掃除機にしても吸い込み音の大きさが怖くて掃除中はクローゼットの中に隠れてしまう猫たちも、ブラーバは大丈夫なようだ。遠巻きではあるが同室を許してくれた。1カ月も使い続ければ、「またアイツ掃除しているよ」と慣れてくれるかもしれない。

結論を述べたい。ブラーバはルンバほど全方位的に使えるわけではない。しかしコンパクトなサイズ、動作音の静かさ、そして3万9000円(公式ストア価格・税別)という価格を考えると、ブラーバはロボット掃除機に興味があるけどもいままで食指を伸ばせずにいた、というすべての人にプッシュしたい。ブラーバは、ロボット掃除機のある日々がどれだけ快適なのかを全方位的低負担で、教えてくれるのだ。

ふと、「ブラーバ以前」の生活では、普段の掃除で「水拭き」を省いてしまっていたことに気付いた。それがいまや、ぼくの意識の外で、快適な生活ができあがっている。やっぱり水拭きされたフローリングは気持ちいい。だから、ブラーバとの生活に慣れてきたらルンバと“番い”で飼ってみよう、と思っている。ロボットたちに外出中に働いてもらう設定にしておく。そうすればぼくは帰宅後、ストレスフリーまっしぐら、だ。

ブラーバ|iRobot

150319irobot02