アメリカの新ブランドMartian Watchesのスマートウォッチ

写真拡大

加賀ハイテック(東京都中央区)は2015年3月27日、アメリカで設立されたMartian Watches(マーシャンウォッチーズ)のスマートウォッチ3シリーズ、計10モデルを発売する。

通知以外にも充実機能、バッテリーも長持ち

アナログ時計とデジタル液晶が1つのケースに収まった、Bluetooth4.0接続のスマートウォッチ。

Android端末、iPhoneのどちらにも対応しており、あらゆる通知やアラートを受信することができる。バイブレーションの設定により、時計をみることなく通知の種類の判断も可能。

また、バイブレーションによるサイレントアラームやスマートフォンの捜索、ボイスコマンド、カメラの遠隔操作などの機能も充実している。

バッテリー持続時間は機種により異なるが5日から7日程度と現在流通しているスマートウォッチの中では長持ち。

上位機種では通話も可能。

市場想定売価は1万6200円から3万2400円(税込)。全国の家電量販店などで取り扱う予定。