『三面記事から見る 戦前のエロ事件』(彩図社)

写真拡大

 少年による凶悪犯罪や、"バイトテロ"と呼ばれるアルバイターによるいたずら投稿、女子会で下ネタに花を咲かせる肉食女性たち......。こうしたトピックが問題になるたび、「古き良き日本を取り戻そう」と叫ぶ人たちがいる。いわく、戦前の日本人はしっかりとした道徳観念をもち、礼儀をわきまえ、男は男らしく義侠心に溢れ、女は女らしく淑やかで貞操を守っていた、らしい。

 しかし、日本はほんとうに、そんな清く正しい"美しい国"だったのか? そんな疑問を投げかけるのは、先日発売された『三面記事から見る戦前のエロ事件』(彩図社)だ。著者の橋本玉泉氏は明治・大正期の新聞を読み込み、驚きの珍事件を発掘。これを読むと。「昔の日本人は慎ましかった」という幻想がことごとく粉砕されていく。

 たとえば、教師によるわいせつ事件が起こると、やはり「教師のモラルが低下している」と嘆く人は多い。だがが、同書には、戦前の教師のエロ事件がいくつもでてくるのだ。

 明治44年に岐阜県で発生したのは、岐阜県内の小学校すべてに春画が送りつけられるという事件。差出人の記載はなく、宛先はいずれも小学校に在籍していた女性教師だった。しかも、「この絵をぜひとも買え。買わないと、後でどうなっても知らない」という脅迫状つきで。警察が捜査して浮上した犯人は、県内で校長を務める男。目的は不明だというが、現代ならセクハラ校長として世間から総バッシングを受けているはずだ。

 また、明治24年に横浜で発覚したのは、学校教員が教え子だった20歳の女性と〈男女の関係となり、ついに妊娠させてしまった〉。こういう話はいまもよく聞くが、その後、男性教員はストーカー化。女性は流産し、同時期に「縁談が決まった」との噂も流れたことで、男性教員は「さてはこの俺との縁を断ち切るつもりで、強い薬でも使って無理やり流産させたに違いない」と妄想の果てに激怒。警察に違法な堕胎だと訴えるが、流産は病気が原因として取り合ってはもらえなかった。そして、女性の父親が盛大な婚礼を行うと公言したことを聞きつけ、ついに男性教員は自宅に乗り込み、女性と父親を切りつけたのだ。

 このほかにも、警官が夜勤中に犬にしがみつき「さながら人と交る如くあらぬ振舞」をなしたり、寺院の住職が銭湯の女湯を覗きまくって「また助平和尚が来た」と評判になったりと、ヘンタイ記事で溢れかえっている戦前の三面。自ら睾丸を切って「売りたい」と持ちかける男性や、ただ女とヤリたい一心だけで媚薬と言われた「イモリの黒焼き」の粉末を自作(!)し、公衆浴場の裸の女性たちにふりかける男性、はたまたデパート内に落ちている女性の陰毛をじつに3〜4升も拾い集め〈開運や災難除けのお守り〉やら〈陰毛ざぶとん〉なるものをつくっていた男性4人組など、とにかくマニアックなエロ事件のオンパレード。

 風俗産業の犯罪もなかなかすごい。ノーパンしゃぶしゃぶ、イメクラ、ハプニングバーなどと、独自の進化を遂げている日本の風俗店だが、戦前から同様のサービスは存在していたようだ。

 たとえば、明治41年頃に、相州中郡平塚町、現在の神奈川県平塚市にあった病院での話だ。その病院には60〜70人の看護婦が在籍していたが、実はこの病院には本物の看護婦はほとんどおらず、男性入院患者を相手に夜な夜な売春が行われていたのだ。まさにアダルトビデオの世界そのものといえる売春病院が存在していたというわけだ。

 また、『三面記事から見る 戦前のエロ事件』では、昭和6年に大阪で摘発された「全裸ダンス団」なるものが紹介されている。民家の中で主催者側のレビュー団員と参加者側が全裸になって踊ったり、性交に及んでその様子を鑑賞したりするという会員制の集まりだ。今でいうなら、スワッピングサークルやハプニングバーに近いもので、会員はおよそ200名。資産家の女性や会社の重役なども含まれていたという。

 この「全裸ダンス団」について、著者・橋本玉泉氏は、日銀の重役や高級官僚が会員として名を連ねていた歌舞伎町の「ノーパンしゃぶしゃぶ」との共通点を指摘。「エライ人たちも、昔から現在に至るまで裸とかエロとかがお好きなのは変わらないようである」というように、日本人がエロいのは今に始まったわけでなく、多様な風俗産業にも歴史があるのだ。

 ただ、風俗について忘れてはいけないのは、戦前の女性たちが借金のカタに売り買いされていたという事実だ。当時の新聞には〈自分の妻を「売った」とか「貸した」とか、さらには「抵当に入れた」「牛と交換した」などという記事〉が数多いことが裏付けるように、女はモノ扱いを受けてきた。当然、多くの女性は結婚も職業も自分で選択できず、親や夫に売られる女性も後を絶たなかった。

 だが、そんななかにあっても女はたくましかった。本書では、明治12年に女性たちが保険会社を設立した新聞記事を紹介しているが、その見出しは「淫売相互保険会社」。そう、公娼制度の合法化によって私娼が処罰される事態を受け、私娼有志30人が大阪に保険会社を立ち上げ、「これでいざ捕まっても、保険金で罰金が払えるから安心」という保険を考案したのだ。〈ちなみに、日本最古の生命保険会社である共済五百名社(現・明治安田生命保険)が設立されたのは、この翌年の明治13年〉というから、彼女たちの先見の明には驚くべきものがある。

 しかし、こうして見ると、「古き良き日本を取り戻そう」と連呼する人たちがいかに戦前日本の実像を無視しているかがよくわかるだろう。昔から日本人はモラルもなかったし、マニアックな性癖の人もたくさんいたし、エスタブリッシュメントから庶民まで、いろんな層がエロい事件をたくさん引き起こしていた。安倍政権は古き良き日本を取り戻すために、「道徳教育」を復活させるそうだが、たぶん教育なんてなんの関係もないと思うけどねぇ......。
(大方 草)