2ndミニアルバム『re-fly』

写真拡大

アニソンシンガーの和田光司さんの4年ぶりの作品となる2ndミニアルバム『re-fly』が3月25日(水)にリリースされた。

【不死蝶のシンガー和田光司 新作に名曲「Butter-Fly」収録の画像・動画をすべて見る】

タイトル曲となる「re-fly」はデビュー曲であり、アニソン史に残る名曲「Butter-Fly」から15年の時を経て放たれるポップチューン。曲中のあちこちにButter-Fly感がちりばめられ、新曲なのにどこか懐かしさのある名曲に仕上がっている。

さらには、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろしといったアニソンシンガーの名手たちがコーラスで参加し、より一層楽曲を盛り立てている。

和田光司「re-fly」Music Video



甦るデジモンワールド、甦る不死蝶


和田光司さんは昨年でデビュー15周年を迎えたアニソンシンガー。上咽頭癌を患い、2度の闘病による活動休止期間を乗り越えて完全復活を果たし、ファンを興奮の渦に巻き込んだことも記憶に新しい。

今回リリースされるミニアルバム『re-fly』では、TVアニメ「デジモン」シリーズの名曲である『デジモンセイバーズ』オープニングテーマ「ヒラリ」や、『デジモンテイマーズ』の挿入曲「風」がre-fly仕様として生まれ変わり収録。

さらに『デジモンアドベンチャー』オープニングテーマ「Butter-Fly」がオリジナル音源で収録されるなど、往年のデジモンファンにはたまらない内容となっている。

また、2015年春に放送される『デジモンアドベンチャー tri.』の主題歌として、新録「Butter-fly」の起用が決定しており、和田光司さんもTwitterで新録への意気込みを伝えている。




今回のミニアルバム発表によって、多くのファンの間で「デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Project」への期待がますます高まっている。