『紅い眼鏡』[DVD]ジャケットより

写真拡大

映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』などで知られる映画監督・押井守さんのオールナイト上映イベント「押井守映画祭2015 第三夜 [マニアック編]」が、4月25日(土)に池袋にある映画館・新文芸坐にて開催される。

【マニアックな押井守作品を一挙上映! アヴァロン、麿子、紅い眼鏡の画像・動画をすべて見る】

ラインナップは、押井守監督による実写映画第1作目である『紅い眼鏡』、実験的スタイルによる不条理OVA『トワイライトQ/迷宮物件FILE538』、全6話のOVAを劇場版アニメとして再構成した『MAROKO 麿子』、全編ポーランドロケを敢行しVFXを多用した実写映画『アヴァロン』の4本。

上映前には、『うる星やつら』や『機動警察パトレイバー』という人気シリーズのレギュラーや実写版出演など、押井作品を支えてきた声優の古川登志夫さんと千葉繁さんらを迎えたトークセッションも行われる。

マニアック編の名に相応しい押井作品を上映!



「押井守映画祭2015」は、アニメ雑誌『アニメスタイル』と新文芸坐による上映プログラム。

これまで、第1弾では『機動警察パトレイバー2 the Movie』、第2弾では『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』や『イノセンス』など、押井監督の代表作が上映され、いずれも大きな反響を呼んだ。

今回は、一部で愛好されている押井作品がラインナップされ、未視聴者の人はもちろん、映画館で上映される機会が珍しい作品だけに、コアなファンにとっても嬉しい企画となっている。

カンヌ映画祭出品のために準備され、諸般の事情でお蔵入りになったものの2014年に初めてお披露目された仏語字幕版『紅い眼鏡』、のちに押井監督のスタイルとして定着していく抽象的な映像表現と難解な長台詞などの手法を導入した『迷宮物件FILE538』。

仮想空間での戦闘ゲームが大流行している近未来を描いたSF映画で、監督が作品を評して「デジタルの地平で、すべての映画はアニメになる」と語った実験的な実写映画『アヴァロン』など、「マニアック編」の名に相応しい作品が並ぶ。

前売券は3月28日(土)から、新文芸坐とチケットぴあにて発売となる。