食べても太らない!?「スローカロリー」な炭水化物とは?

写真拡大

「糖質OFF」が、ダイエットの主流となりつつありますね。しかしそれでも、パンが好き! ご飯が好き! という女子は多いはず。無理に我慢するのもストレスですし、ストレスを感じると分泌されるホルモン「コルチゾール」には、脂肪を蓄積する働きがあるのだそう…。そこでおすすめなのが、「おにぎり」・「シリアル」・「ライ麦パン」などのスローカロリーな炭水化物なのです!

■スローカロリーなら太らないの?

同じ糖質でも、消化のスピードはさまざま。スローカロリーとは、ゆっくりと消化吸収される糖質や、糖質の摂り方のこと。糖質をスピードと質で評価する新しい考え方なのです。

白米や小麦粉など、消化のスピードが速い糖質を一気に食べると、血糖値が急上昇してしまいます。そして血糖値を下げるために分泌される「インスリン」には、糖を脂肪として蓄積し、脂肪の分解を抑制する働きがあるため、太りやすくなってしまうのです。しかしスローカロリーな糖質なら、血糖値の上昇も穏やかになり、太りにくいのだとか。


■スローカロリーな炭水化物3つ

(1)おにぎり

白米は冷やすことで「レジスタントスターチ」と呼ばれる、食物繊維と同じ様な働きをする「でん粉」に変わります。そのため、血糖値の上昇が穏やか。ご飯が食べたい時は「おにぎり」がおすすめ。

雑穀おにぎりやヒジキ入りなら、食物繊維が更に増えて効果的。

(2)シリアル

シリアルのメイン食材「オーツ麦」は、「β-グルガン(水溶性食物繊維)」が豊富。更に、シリアルと合わせることの多い牛乳やヨーグルトの乳脂肪も糖の吸収を穏やかにする働きがあるそうですから、シリアル+乳製品なら血糖値を急上昇させません。

(3)ライ麦パン

ライ麦粉には、小麦粉の約6倍の食物繊維が含まれているため、糖の吸収が穏やか。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合も理想的な割合で含まれています。ただし、“ライ麦パン”と書かれていても、実際には小麦粉の割合のほうが多いパンもありますから、成分表示を見て「ライ麦」が一番最初に書かれているものを選びましょう。


糖質OFFダイエットがなかなか続かなかった方、スローカロリーな炭水化物を取り入れて、ストレスフリーにダイエットを続けてみてはいかがでしょう?


(岩田麻奈未)

【関連記事】
ガマンしなくてOK! 美容志向の女子のための「糖質オフ」スイーツ3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・加熱するだけでイイの!?「リンゴでアンチエイジング」レシピ3つ
・美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
・冷えや腸内環境に!お肌も喜ぶ調味料「酢玉ねぎ」の作り方
・美肌もダイエットも!?話題のスーパーフード「チアシード」戻し方・食べ方
・おうちティータイムでアンチエイジング!?トライすべきお茶3選

【参考】
※スローカロリー研究会
※冷やして得する栄養素 美容と健康の強い味方 レジスタントスターチとは? - 2012年9月1日放送「世界一受けたい授業」(日本テレビ)
※大麦β-グルガンとは? - 大塚製薬
※牛乳は飲むべき?飲まざるべき? - 日経ウーマンオンライン
※食品に含まれる食物繊維量一覧 - 大塚製薬