日本代表の背番号が決定…本田が「4」、遠藤の「7」は柴崎に託される

写真拡大

文=青山知雄

 27日にキリンチャレンジカップ2015のチュニジア戦(大分)、31日にJALチャレンジカップのウズベキスタン戦(東京)に臨む日本代表の背番号が発表された。

 多くの選手がこれまでと同じ番号を背負う中、注目は「7」を託されることになった柴崎岳(鹿島アントラーズ)。日本代表で長く遠藤保仁(ガンバ大阪)が着けてきた番号を、新世代のボランチが任されることになった。

 中盤の底でボールを受けてゲームを作りながら、鋭く最前線まで飛び出して決定的な仕事ができる柴崎は、兼ねてから「遠藤の後継者」として評価されてきた。そして今回、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が日本代表に遠藤を選ばなかったことで、背番号「7」が柴崎に受け継がれた形だ。

 今回、大分県内で行われている日本代表合宿では、柴崎はランニングで常に先頭を走る。決して多弁なタイプではないが、自分が率先してやらなければならないという覚悟が伝わってくる。「7」を着けた柴崎は、果たしてピッチでいかなるプレーを披露し、強い思いを表現してくれるのだろうか。

▼GK
1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
26 東口順昭(ガンバ大阪)
12 西川周作(浦和レッズ)
23 権田修一(FC東京)

▼DF
25 水本裕貴(サンフレッチェ広島)
5 槙野智章(浦和レッズ)
6 森重真人(FC東京)
3 太田宏介(FC東京)
2 内田篤人(シャルケ/ドイツ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
27 藤春廣輝(ガンバ大阪)
24 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)
21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
19 昌子源(鹿島アントラーズ)

▼MF
15 今野泰幸(ガンバ大阪)
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
28 青山敏弘(サンフレッチェ広島)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
13 清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)
7 柴崎岳(鹿島アントラーズ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)

▼FW
9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
4 本田圭佑(ミラン/イタリア)
8 乾貴士(フランクフルト/ドイツ)
11 永井謙佑(名古屋グランパス)
20 川又堅碁(名古屋グランパス)
18 大迫勇也(ケルン/ドイツ)
30 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
14 武藤嘉紀(FC東京)