代表選出も無念の負傷辞退…小林悠「神様に言いたい。そんな俺強くないわ!」

写真拡大

 日本代表メンバーに選出されながら負傷辞退となった川崎フロンターレのFW小林悠が、無念をブログ(http://ameblo.jp/kobayashi-yu11/entry-12005569956.html)に綴っている。

 バヒド・ハリルホジッチ監督の初陣を迎える日本代表に選出されていた小林だが、22日に行ったJ1第3節の山形戦で、試合中に負傷。同日、代表を辞退することを発表した。

 小林は『辞退』と題したブログを更新。「代表を辞退することになって、正直かなり辛かったし、またかよって思った人も少なくないと思います。でも前を向いて行くしかないと思います」と、現在の複雑な心境を綴った。

 昨年11月の代表招集時にも小林は合宿中に負傷し、無念の途中離脱を経験していた。「怪我をしないための努力もしていたし、補強も体幹もしっかりしていた。クラブハウスに毎日早く行ってケアもしていました」。そんな中での負傷だけに悔しさは倍増している様子。「誰かが言っていました。『神様は乗り越えられる人にしか試練を与えないんだよ』と。神様に言いたい。何回目だよ!そんな俺強くないわ!笑」と、自虐気味にコメントした。

 ただ、サポーターからたくさんの応援メッセージが届いていることを明かした小林は、「とても嬉しかったです!」と感謝。さらに家族のサポートも大きいようで、「今回本当に思ったことは1人じゃなくて良かったなということ」「自分のペースで1日でも早く復帰できるように頑張ります!!」と、力強いメッセージで締めくくった。