ドイツ機墜落事故 現場は標高1500メートル前後の急峻な斜面

ざっくり言うと

  • ドイツのジャーマンウイングス旅客機が24日、仏のアルプスに墜落した
  • 現場は標高1500メートル前後の急峻な斜面で、捜索活動は難航を極める
  • 仏テレビの映像では、山の斜面に機体の残骸が粉々になって散らばっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング