コンゴ民主共和国のガランバ国立公園でゾウ30頭が密猟被害

ざっくり言うと

  • コンゴ民主共和国の国立公園で23日、2週間でゾウ30頭が密猟被害にあった
  • 絶滅の危機に瀕しているゾウは、象牙を狙う密猟者らにより殺されたという
  • 背景には、中央アフリカ共和国とコンゴでゾウの生息数が減少したことがある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング