ガラケーユーザーが使いやすいホーム画面、ショートカットキーなど用意

写真拡大

京セラは、SIMフリー対応のスマートフォン「S301」を、2015年3月27日に発売する。

防水・防塵・耐衝撃のタフネスモデル

イオンのMVNO(仮想移動体通信事業者)「イオンモバイル」向けに提供する。5型qHD液晶(960×540ドット)を搭載。IPX5/7の防水、IP5Xの防塵性能に加え、イオンモバイルスマホ初、米国国防総省調達基準「MIL-STD810G」準拠の耐衝撃も対応するタフネスモデル。

フィーチャーフォン(従来型携帯電話)ユーザーも使いやすいというホーム画面を用意。よく使う連絡先やアプリに素早くアクセスできるショートカットキーを3件まで登録でき、表示文字の大きさを4段階(小・中・大・でか文字)に切り替えられるなど、スマホ初心者でも安心して利用できるよう工夫している。無料のコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」をプリインストールする。

プロセッサーはクアッドコア「MSM8916」(1.2GHz)を搭載。メモリーが1GB、ストレージが8GB。microSDHCカード(最大32GB)に対応。無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0をサポート。カラーはガンメタ、ホワイトの2色。イオンモバイルでの価格は2万9800円(税別)。