アナログ時計のムーブメントは日本製を使用

写真拡大

加賀電子グループで、パソコンおよびスマートフォン向け周辺機器を扱う商社、加賀ハイテック(東京都中央区)は、米国Martian Watches(マーシャンウォッチ)のスマートウォッチ「VOICE COMMAND(ボイス・コマンド)」シリーズ2機種を、2015年3月27日に発売する。いずれも市場想定価格は3万2400円(税別)。

バイブレーションの違いで通知の種類が分かる

iOS、Android用アプリとBluetoothでスマホと連携、無料のコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」などの通知・アラートを受信する。ウォッチを見なくても、バイブレーションの違いで通知の種類を判別できる。スマートウォッチ部分は充電池駆動で、文字盤に有機ELの通知パネルを装備。このほか、日本製ムーブメントのアナログ時計を搭載する。サイレント・アラーム、カメラシャッターの遠隔操作などに対応するほか、通話機能、ボイスコマンド機能を備える。

四角い文字盤の「VOICE COMMAND PASSPORT(ボイス・コマンド・パスポート)」が、ホワイト/シルバー/ブラック、ホワイト/シルバー/ホワイト、ブラック/シルバー/ブラックの3種類。丸い文字盤の「VOICE COMMAND VICTORY(ヴォイス・コマンド・ヴィクトリー)」が、カラーはブラック/シルバー/ブラック、ホワイト/シルバー/ホワイト、ブラック/ブラック/ブラック、タン/シルバー/タンの4種類。