「スマートフォン(以下、スマホ)は便利ですが、料金が高くて家計を圧迫するとお困りの方が多イと思います。そんななか楽天モバイル(以下、楽天)は、月525円(税別、以下同)のスマホでメールし放題プランなどの提供を始めました(端末代金を除く)。これまでも、月1千250円でよく似たプランがありましたが、今回は音声通話機能をはずすことで、料金を引き下げました」

そう話すのは経済ジャーナリストの荻原博子さん。スマホの契約には、ドコモ、au、ソフトバンクといった3大キャリア以外にも、さまざまな選択肢がある。荻原さんは「本当に必要な機能だけを選び、不要な機能にはお金を払わない見極めをすれば、節約につながります」と語る。では、使い方によってどんなプランが適しているのか、楽天を例に解説してもらった。

「まず、携帯は知人とのメールがほとんどという方は、先述の音声通話なし、メールし放題というプランがいいでしょう。楽天なら月525円です。LINEやスカイプなどのアプリを使えば、音声通話も無料でできます」

通信速度が速くないのでインターネットのヘビーユーザーには向かないが、「LINEがしたい」「スマホでネットスーパーなどを利用したい」という人には十分な機能だ。

「次は、インターネットはかなり利用するものの、動画はあまり見ないという方は、高速通信2.1GBまで、音声通話なしの月900円プランがいいでしょう。2.1GBあれば、ホームページの閲覧などはいくらでも問題なく、動画も1日約30分は視聴できます。NTTコムの調査でも、スマホユーザーの83.4%は、月間利用量が2GB未満でした(’13年)」

ビジネスなどで音声通話が必要な人には、高速通信2.1GBに音声通話機能を加えても、月1千600円。ただし、通話料が別途かかるので注意を。

「いずれの場合も、これらの利用料金に加えて、端末代金が必要です。最近はiPhone6(16GB)が7万円以下など高額な端末が多いのですが、楽天では2万円台や初心者向けの操作が簡単な3万円台のスマホもあります。端末代の分割払いは月2千円台が多く、利用料と合わせても月3千円台に抑えられます。3大キャリアでスマホを持つと月6千円以上かかるのが一般的ですから、月に約3千円、年間で約3万6千円も節約できることになります」