高畑と城田が甘〜いデュエット、映画「シンデレラ」エンドソング披露。

写真拡大

女優の高畑充希(23歳)と、俳優の城田優(29歳)が3月24日、映画「シンデレラ」の日本版エンドソング「夢はひそかに(Duet version)」初お披露目イベントに登壇。2人で見つめ合いながら、甘く美しい愛の調べを歌い上げた。

「本当の魔法は、あなたの勇気」――ガラスの靴やカボチャの馬車に代表されるロマンティックなイメージはそのままに、シンデレラの勇気と優しさから生まれる“奇跡の愛”が感動的に描かれている本作。シンデレラがガラスの靴を落としてしまう象徴的なシーンを彷彿させる大階段を舞台にして、シンデレラのような美しいドレスに身を包んだ高畑が、王子さながらの気品あふれる衣装の城田のエスコートのもと登場した。

今回、ディズニーの不朽の名曲を世界で唯一デュエットソングとして蘇らせた日本版エンドソング「夢はひそかに(Duet version)」を歌うことに決まったときの気持ちについて、高畑は「歌うことが決まったこともそうですが、デュエットできるのが私たちだけなので、例外を認めてもらえたことが嬉しかったです。以前に、舞台で歌が上手な城田さんを拝見したので、一緒に歌えたことも嬉しいです」とコメント。

一方の城田も「素直にやったー! と思いました。オリジナルでは聴けないハーモニーをぜひ聴いて欲しいですし、高畑さんとご一緒できて光栄です」と満面の笑みで答えた。

初めてデュエットしたのはレコーディングスタジオでのカメラの前だったことを明かし、高畑は「目を合わせて歌いたいと思って実際にやってみると、想像以上に恥ずかしかった」と話すものの、城田より「恥ずかしかったけど、お互いにミュージカルをやっているからか、すんなり気持ちが入って上手くいきましたね」と返され、早くもふたりの息はぴったりのようだ。

また、この曲の好きな歌詞について聞かれると、「『同じ瞳もつ あなたを夢見る』というフレーズが好きです。シンデレラと王子のお互いを思うピュアな気持ちを強く表現しています」と高畑が、また城田は「『いつか必ず出会う 私の光』が好きです。辛いことがあっても、暗闇から見える一筋の光に向かうポジティブな気持ちを表現しているからです」と熱い思いを語った。

そして待ちきれない大勢の観客が見守る中、キーボードとヴィオラの華麗な生演奏が始まると、会場は一瞬にして美しい音色に染まった。高畑の澄んだ、そしてシンデレラの意志の強さが伝わる歌声が響き渡ると、それに答えるようにして、城田は王子らしい深みのある歌声で自らのパートを歌い上げる。ふたりの伸びるような美声が重なりあったサビ部分では、何重ものハーモニーが奏でられ、高畑と城田は時折目を合わせて微笑むと、本当のシンデレラと王子のようだ。それぞれの愛する人を想う気持ちを、ひとつひとつの歌詞に込めて丁寧に歌い上げたふたりは、素敵な音楽の空間を作り上げた。

歌い終えたばかりの高畑と城田は、「すごく緊張しました。でも生の演奏ですごく気持ちよく歌えました!」と熱唱後の高ぶる気持ちを語ると、うっとりするようなふたりのハーモニーが耳に残る、観客の心を掴んだイベントとなった。

映画「シンデレラ」は4月25日(土)より全国公開。