体の冷えの感じ方

写真拡大 (全7枚)

 ドゥ・ハウスは、自社のインターネットリサーチサービス「myアンケート」を利用し、全国に住む20代〜50代の女性を対象に、「温活」に関するWEBアンケートを実施し、2月20日〜2月23日に1,000人の有効回答を得た。

 体の冷えを感じているかを聞いたところ、20代、30代の女性の方が、40代、50代の女性よりも冷えを感じていることがわかった。

 体の冷えにどう対策しているかを聞いたところ、「服装で対策している(68.4%)」が最も多く、以下「お風呂につかって対策している(44.9%)」「飲み物で対策している(39.3%)」という結果になった。

 「服装」で冷え対策をしていると回答した人に、どんな服装をしているかを聞いたところ、全体の7割が「靴下」と答え、「機能性下着」が59.0%で2位となった。年代別に見ると支持されている対策に違いが見られ、若者に支持されている対策は「腹巻」「耳あて・イヤーマフラー」「毛糸のパンツ」だったが、年代が上がるほど多かった対策は「ハイネックの洋服」「スカーフ・マフラー・ストール」と、いずれも首元を防寒するものだった。

 体の冷えの解消とともに期待していることを聞いたところ、1位に「新陳代謝の改善(60.4%)」、2位に「肩コリなどのコリの緩和(43.3%)」、3位に「風邪などの病気予防(38.3%)」という結果となった。

 「温活」という言葉を知っているか聞いたところ、認知率は38.6%だったが、 内容までわかっているという人はその半数にも満たず、全体の13.4%となった。