このステージは、未来からまっすぐに届いた:Perfume、SXSWでのパフォーマンス

写真拡大

2015年のSXSWで話題を集めたPerfumeによるパフォーマンス。『WIRED』US版の記者の目から見ても、そのステージは圧巻だったようだ。※この翻訳は、US版記事初出時の内容を元にしています。

さあ、さっそく本題に入ろう。今年のSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)での日本のポップトリオ・Perfume(パフューム)によるこの演奏は、長くわたしが見てきたなかでも最高に驚異的だった。

「このステージは、未来からまっすぐに届いた:Perfume、SXSWでのパフォーマンス」の写真・リンク付きの記事はこちら

わたしが考えられる、どんな種類の視覚/聴覚に訴える壮観さをも超える表現だ。フィジカルとデジタルとが区別がないほどに交わった収束点──、そんな未来から反射して還ってきた官能的なヴィジョンだ。これは原子とピクセルと光子の熱狂的な夢だ。こんなことがあるなんて! わたしはこの動画を百回も観たが、何が起きているのかいまだにわからない。

わたしが知っているのは、次の通りだ。このパフォーマンスは日本の広告会社、電通の著名なクリエイティヴディレクター菅野薫がプロデュース、クリエイティヴディレクションを務めた。技術的な部分は、いま最先端を行くRhizomatiks(ライゾマティクス)のデザインクルーである真鍋大度によって監修された。デザイナーとエンジニアと、そして芸術家によるチームが、事にあたった[訳註:Rhizomatiksが公開しているページでは、今回のパフォーマンスに対する解説が掲載されている。また、メンバーとして上記に加え、MIKIKO(舞台・映像ディレクション、振り付け)、花井裕也(カメラシステム、プログラミング)、石橋素(テクニカルディレクション)らがクレジットされている]。

このヴィデオにはいくつかの「仕掛け」が含まれている。まずは会場と、Perfume自身のランスルーを綿密な3Dスキャンで捉えた映像を含む演出からスタートした。

本当の魔法は、しかし、ひそやかに起きていた。一連のパフォーマンスにおいて、動的なプロジェクションマッピングのシステムが歌い手たちの前にある半透明なスクリーンに映像を投影し、モーションキャプチャーによって投影する位置をリアルタイムで自動補正する。

パフォーマンスをフィルムにおさめたカメラもまた、モーションキャプチャー・システムによって制御されており、カメラの位置と方向を追跡できるようになっている。真鍋氏によるとこれこそが、遠近の境目のないモーフィングの鍵となったという。

こうした手法が、いかにこのパフォーマンスに結実したかというと、わたしはまだ正確に理解できてはいないのだろう。しかし、だからといってその偉大さが失われるわけではない。そもそも、わたしはシャルトル大聖堂がいかにしてつくられたのか正確には理解していないのだから。

[15.03.24 23:59 本文の一部を修正しました]

TAG

Projection MappingRhyzomatiksSXSWVideoWIRED US