あの頃の夢よ現実に……仮面ライダーに変身できるシステム作ってみた

写真拡大

子供の頃に買って貰った『変身ベルト』や『魔法のステッキ』。
いざ!へーんしん♪としてみたけれど、実際は元のまま……。というガッカリ経験がある人は多いのでは?

そんな子供の頃の思い出をきっかけに作られた『変身システム』のデモ動画がniconicoに投稿されています。

【関連:ニコニコ技術部まじ凄いっす!『進撃の巨人』50m級超大型巨人を召還してみた】

Kinectで仮面ライダーに変身できるシステムを作ってみた

投稿者によると、ジェスチャー・音声認識によって操作が可能なデバイス「Kinect」を使用し、画面に投影することによって、変身に成功したとのこと。

Kinectで仮面ライダーに変身できるシステムを作ってみたKinectで仮面ライダーに変身できるシステムを作ってみた

変身スタイルは3つで、それぞれ異なる変身ポーズをとることによって『仮面ライダークウガ』などに変身することが可能になっています。

▼動画

 
投影される『変身後のライダーモデル』は、MMDの映像(MikuMikuDance)を使用し、被験者の体型などを「Kinect」で測定することにより自動的に拡大・縮小するとのこと。

この動画を見たユーザーからは、「あの頃の夢が実現するのか」といったコメントが寄せられていました。

ちなみにこの作品は、先輩の卒業研究をベースに製作したようです。

▼動画