写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイのボーイズトイ事業部が展開する"大人が装着できる変身ベルト"シリーズの「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」の最新作として、『仮面ライダーディケイド』に登場する「ディエンドライバー&ディエンド ベルト」の商品化が决定し、ティザーサイトがオープンしている。

「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」は、"大人が装着できる変身ベルト"として人気を博した「COMPLETE SELECTION」から派生したシリーズで、従来の商品をMODIFY=モディファイすることで、バリューとリーズナブルな価格を両立。これまでに、『仮面ライダーW』の「ダブルドライバー」「アクセルドライバー」「ファングメモリ」「ロストドライバー」、『仮面ライダーカブト』から「カブトゼクター」、『仮面ライダーディケイド』から「ディケイドライバー」が商品化されている。最新作は「ディケイドライバー」に続き、2009年に放送された特撮TVドラマ『仮面ライダーディケイド』に登場する「仮面ライダーディエンド」のアイテム「ディエンドライバー&ディエンド ベルト」が登場する。

『COMPLETE SELECTION MODIFICATION DIENDRIVER & DIEND BELT(CSMディエンドライバー&ディエンド ベルト)』の全貌は4月24日に公開。価格は17,280円(税込)、日本、香港、台湾、韓国の4カ国同時の予約受注となり、受注期間は2015年4月24日〜7月6日。商品の発送は2015年10月を予定している。

詳細は後日明らかとなるが、『CSMディケイドライバー』に続き、造形集団ブレンドマスターの監修、協力も得て、高いクオリティとプレイバリューを追求。「CSMシリーズ」はMODIFYの概念をさらに超えるお宝を作り出していくという。また、本商品に続き、カードを収納可能なバインダー&カード解説をまとめた小冊子のセットの同時展開も予定している。

(C)石森プロ・東映