子供のデジタルデビューに最適なタブレット

写真拡大

イオンのMVNO(仮想移動体通信事業者)イオンモバイルは、教育ビジネスを幅広く行っている学研とコラボレーションした「学研がんばるタブレット」を、2015年3月27日に全国のイオン店舗で発売する。価格は3万6000円(税別)、24回払いの場合は月額1500円(同)。

保護者が利用時間やコンテンツ制限を設定できる

ファーウェイ製端末「MediaPad T1 8.0」に、学研の学習コンテンツ「学研ビクトリー」を独占的にプリインストールする。小学1年から中学3年までの文部科学省学習指導要領対応で、コンテンツは学校の授業進度に合わせ毎月配信される。「まんがひみつ文庫」など児童書が読める「学研電子図書館」や、5教科の調べ物ができる「ニューワイド学習百科事典」なども用意される。学習を進めると「iポイント」が貯まり、バッジ交換やイオンの「WAONポイント」と交換できる。

利用時間や、学研のコンテンツだけ利用するなど、保護者が子供の年齢やデジタルスキルに合わせた制限を設定できる。通信は月額1040円の「IIJmio ウェルカムパック for イオン」SMS対応ミニマムスタートプランが用意される。別途学習コンテンツ利用料が発生する。