大盛況の大阪場所もいよいよ大詰め。最強横綱を倒すのは誰!? 大相撲を100倍楽しめる期待の新星を紹介。

大相撲春場所の初日、場内に動揺が走った。小結・妙義龍(境川部屋)相手に横綱の白鵬(宮城野部屋)が一瞬バランスを崩したのだ。

白鵬はすぐさま体勢を立て直し、かろうじて白星発進となったものの、「平常心を欠いている」(中堅親方)と言われる有り様。支度部屋では報道陣に背を向けてダンマリを決め込んだ。

「今や、白鵬はかつての朝青龍(元横綱)と同じくヒールになってしまいました」(日本相撲協会関係者)

その証拠に初日の懸賞旗の数も先場所に比べて半減。

「白鵬が負けるところを期待して見に来た」(50代男性)という声まで出ており、ファンの間では白鵬に引導を渡すのは誰かが、すでに話題になっている。

「1991年夏場所初日、横綱の千代の富士(現九重親方)は、当時まだ新鋭の貴花田(後の横綱・貴乃花)のまわしが取れずに惨敗し、引退に追い込まれた。現在5連覇中の白鵬だが、去年も春場所だけ勝てず、横綱昇進を懸けた鶴竜(井筒部屋)に優勝をさらわれているから、"まさか"があるかもね」(スポーツ紙のベテラン相撲記者)

その春場所もいよいよ大詰め。白鵬と上位陣との対戦が続くだけに、目が離せない。

では、千代の富士に引導を渡し、その後、一時代を築いた貴乃花のように、"ポスト白鵬"を担う有望力士を紹介しよう――。

まずは"将来の日本人横綱候補"として期待が高まる遠藤(追手風部屋=前頭5)、"モンゴルの怪物"こと逸ノ城(湊部屋=前頭筆頭)の両力士。

「遠藤は、柔軟な下半身と四つ相撲を得意とし、相撲の王道をゆくタイプ。逸ノ城は、規格外の巨体を生かし、今場所3日目、横綱の日馬富士(伊勢ヶ濱部屋)を土俵下に押し倒したパワーが売りです」(同記者)

その逸ノ城は4日目に白鵬と対戦し、寄り切りで敗れた。

だが、両力士以外にも、逸材は揃う。

「今場所、白鵬を脅かすとしたらこの人」と相撲関係者が口を揃えるのは、大関の稀勢の里(田子ノ浦部屋)。

場所前の出稽古で白鵬が「おまえとはやらない」と、"稽古拒否"した相手だ。

稀勢の里は今場所、連敗スタートとなったものの、「現役力士の中で白鵬が最も嫌がる相手」(宮城野部屋関係者)なのだ。

「稀勢の里とはケンカ四つ。白鵬は嫌な相手だとわかっているから、わざと呼吸を外し、相手の立ち合いの威力を削ぐ戦術に出ています。稀勢の里が立ち合いを制し、左を差して右上手を取る十分な体勢になったら、白鵬とて勝てませんね」(相撲誌編集者)

そもそも、大きな話題となった白鵬の先場所後の"舌禍事件"は、稀勢の里戦での取り直しにクレームをつけたことから勃発したもの。また、白鵬の連勝記録を63でストップさせたのも稀勢の里だ。何かと因縁めいた両者。

「もしも白鵬が苦しい体勢から逆転勝ちできたとしても、体に負担がかかり、怪我のリスクは負わなければならないでしょう」(同)

そうなれば、大横綱に引導を渡すことになる。

稀勢の里と同じく大関の豪栄道(境川部屋)は、大阪府寝屋川市出身。大関昇進後、初の地元場所だけに、"ご当地力士"として場内の声援を味方にすれば、十分に勝機はある。

好角家で知られる漫画家のやくみつる氏が、モンゴル勢の中で最も注目するのは、関脇の照ノ富士(伊勢ヶ濱部屋)だ。

「逸ノ城ばかりが注目されていますが、実力は照ノ富士が上だと思います。まず相撲が積極的。大きな体ですが、器用さも兼ね備えています」

ただし、白鵬は照ノ富士の同郷の大先輩。しかも、照ノ富士は少年時代、白鵬の父・ムンフバト氏から柔道を習ったこともある。

「お化けが嫌いで、一人部屋を拒否したこともあるほど。"気は優しくて力持ち"という伝統的なお相撲さんタイプだけに、先輩の白鵬にはつい遠慮するところがあるんだよ」(伊勢ノ濱部屋関係者)

そうなると、今場所の白鵬戦も期待薄かと思われがちだが、さにあらず。

「師匠の伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)は、舌禍事件で白鵬から批判を浴びた審判部のトップ(審判部長)。今場所は先輩何するものぞという気概でやってくれると思うよ」(前同)

新十両の阿炎は将来の横綱!

この春場所では入幕を果たしていないものの、「将来、白鵬に引導を渡せるほどの逸材」と、前出のやく氏がイチ推しするのは、輝(かがやき)(高田川部屋=十両2枚目)だ。しこ名は、この14日に地元の金沢まで延伸された北陸新幹線『かがやき』に由来する。

「とにかくスケールが大きい。先場所、今場所と見ていると、すでに化けかかっていると見ていいでしょう。名古屋場所あたりに幕内上位にまで番付を上げて白鵬と当たり、年内には新三役への昇進もありえる素材です」(やく氏)

初土俵から2年足らずの早さで今場所から新十両に昇進した阿炎(あび)(錣山部屋=十両12枚目)も、将来の横綱・大関候補と言われる。

「三役まで昇進して、十分に上位陣をかき回せる存在になるでしょう」(やく氏)

相撲のスタイルは回転の速い突っ張りで、全盛期の師匠・錣山親方(元関脇・寺尾)をほうふつとさせる。しこ名は親方の愛称"アビ"と同音。十両の昇進会見で

「親方の番付を超えたい」

と豪語して憚らない。得意の突っ張りで白鵬を土俵下へ押し出す日も近そうだ。

逸材が揃う十両だが、ひと足早く幕内に昇進した新世代力士も粒揃いだ。

まずは勢(いきおい)(伊勢ノ海部屋=前頭13枚目)。大阪府交野市出身で、今場所の"ご当地力士"というだけでなく、人気と実力を兼ね備えている。

「実家は寿司屋。その関係で、少年時代から常に有線放送で演歌が流れている環境で育ったため、カラオケで演歌を歌うのが得意。その美声を生かし、相撲甚句なら、はや"横綱級"です」(前出のベテラン相撲記者)

日大相撲部出身の常幸龍(じょうこうりゅう)(木瀬部屋=前頭9枚目)も、スケールの大きさで相撲関係者からの期待は高い。

「右四つ得意のオーソドックスなタイプ。相手十分な体勢でも粘れる足腰があり、平幕の日本人力士では、遠藤より"伸びシロ"は大きいと思います」(前出の相撲誌編集者)

このほか、千代丸(九重部屋=前頭16枚目)と千代鳳(同=前頭12枚目)の兄弟力士にも、若貴兄弟の再来なるかという期待がかかっている。

最後の10人目には、今場所の前相撲で2連勝を飾り、5月の夏場所で序ノ口に上がる宇良(木瀬部屋)を挙げたい。関西学院大出身で、居反りや足取りなどアクロバティックな決まり手が話題の力士だ。

次世代を担う力士たちの活躍に、乞うご期待!