美肌と身体のめぐりをサポート!

写真拡大

新日本製薬(福岡市)は、はとむぎをベースに生姜やどくだみをブレンドした「はとむぎ黒生姜茶」を2015年4月1日に発売する。

栄養が豊富なはとむぎは「穀物の王様」とも呼ばれており、殻を除いて乾燥させたもの(ヨクイニン)は古くから漢方薬として使用されてきた。精米に比べても2倍以上のたんぱく質やアミノ酸を含んでおり、食物繊維やビタミンB群、ミネラルなども豊富に含まれているという。特にアミノ酸は穀物の中でもトップクラスの含有量。必須アミノ酸と非必須アミノ酸をバランスよく含んでいる。殻ごとのはとむぎを使用し、飲用することで代謝が改善され、肌荒れや乾燥肌、イボ、むくみの改善に効果が期待できるという。

また、あたため成分(ショウガオール)が生の生姜の約57倍も含まれているという「発酵黒生姜」を配合。身体の深部を温めることで血行、代謝の促進の他、脂肪燃焼効果も期待できる。さらに、身体表面を温めるジンゲロールが多く含まれており、免疫力の向上、殺菌、抗酸化をサポート。

10の薬効があると言われているどくだみは、余分な水分を排出し、新陳代謝をサポートしてくれる。

新日本製薬の薬用植物研究所(山口県岩国市)で研究栽培された甘草を使用。生薬同士のバランスを整えてくれる働きがあるという。

原材料はすべて厳選された国産素材を使用。カフェイン、カロリー、糖質すべてゼロなので、年齢・性別・季節を問わず安心して飲用できる。

ティーバッグタイプ、3グラム×31包入り、2980円(税込)。