がんの早期発見が可能!? shutterstock.com

写真拡大

 「線虫:尿でがん識別...患者のにおい好み近寄る」(3月12日付毎日新聞)、「がんを尿の匂いで発見...九大など、線虫を利用」(同日付 読売新聞)、古館伊知郎の「報道ステーション」など、線虫が胃がん病変部に選択的に吸着するという情報を取りあげていた。

 元九州大学外科で犬の嗅覚を使って「がんの早期発見」をする研究をやっていた園田英人医師が、就職した民間病院で、サバの刺身を食って胃に線虫アニサキスの感染を起こした老人を内視鏡で治療する時に、虫体の傍に早期胃がんがあるのを発見した。そこで同大理学部の広津孝章崇亮(たかあき)助教に「線虫によるがんの早期発見」の研究を持ちかけた、ということらしい。

 PubMedで調べると、藤田保健衛生大学の堤寛教授が1983年に類似症例を1例報告している。ただこの頃はピロリ菌発見(1984)の前で「胃がんの原因としてのアニサキス感染」という説が世界的に有力であった。今回の論文を読むと「アニサキスと胃がんの共存例」は世界でたった38例しか報告例がないらしい。

 TVでも新聞でも「犬の嗅覚」と「線虫の(味物質・臭い物質に反応する)遊離化学受容体細胞」を一緒くたにして、報じている。危険なことだと思う。
 
 線虫は英語で「(Nematoda)ネマトーダ」というが、「ネマトーダ」という言葉は小学生の頃、母から教わった。「野菜の根を食い荒らす悪い虫」という話で、実物は見たことがない。根をやられた野菜は枯れる。それで「ネマ」は根っこの意味だと思っていた。線虫という虫がいることすら知らなかった。

 私は90年代の終わりになって、「ネマトーダ」が「線虫類」であり、カマキリのハリガネムシや「細胞の自殺(アポトーシス)」の発見につながった、長さ1ミリほどの実験動物「C. エレガンス(elegans)」も線虫であることを知った。02年のノーベル生理学医学賞はアポトーシス発見に対して与えられている。

 C.エレガンスの「C.」はCaenorhabditisの略で「Caenorhabditis elegans, Maupas, 1900」が正式学名のようだ。Caenoは「食事する」、rhabdは「横たわった」、elegansは「優雅な」という意味だから、この線虫が餌の大腸菌を食べる様子から命名されたものであろうか...。
 線虫は地球にいる動物のうち、知られている約110万種のなかで、約1万種と最も数が多く、未発見のものを入れると約100万種が推定されている。線虫の約70%はミミズのように土壌中に棲息している。大きさは1ミリ以下から最長では1メートルを超える。
 
「がん特異的な化学物質」への探求がまったく無い

 雑誌「PLOS One」に掲載された九大理学部からの原著論文も読んだが、写真が1枚もない。この線虫(C.エレガンス)は体長1.2mm、約1,000個の体細胞からなり、体が透明なので細胞の動きを追え、発生学の実験に広く利用される。
 
 原始的な無脊椎動物にも、ある種の化学物質に特異的に反応する化学受容体をもった細胞があり、これが進化して昆虫のフェロモン受容体や脊椎動物の嗅覚器や味覚器になった。(岩堀修明『図解・感覚器の進化』、講談社ブルーバックス, 2011)。マウスを用いて、嗅覚遺伝子と嗅受容体を発見した業績に対して、04年にはコロンビア大学のリチャード・アクセル博士とフレッド・ハッチンソン・ガン研究センターのリンダ・B・バック博士にノーベル賞が与えられている。

 C.エレガンス線虫では、揮発性の化学物質に対する4種の化学受容体が知られており、うち2つは濃度勾配の上流に向け、線虫を動かし「芳香」と呼ばれ、他の二つは虫体をそれから遠ざけるように働くので「悪臭」と定義されている。
 
「PLOS One」掲載の論文では、患者尿など「がん患者の体液」に対して、がんの種類に関係なく、線虫が正の走化性を示した、ということが統計的に数値で示してあるばかりで、「がん特異的な化学物質」の本体に切り込む実験がまったくない。

メディアの空騒ぎがもっとも危険だ

 C.エレガンスのゲノムはすで完全解読されていて、約15,000個あり、うち10%の1,500個が、G-タンパクと呼ばれる特殊なタンパク質を構造の一部にもつ「化学受容体」の遺伝子だという。そのうち「嗅」に拘わるものが4個である。
 
 実験ではこの嗅遺伝子を遺伝子工学の方法で操作して、「アノソミア(無臭症)」の線虫を作り、この個体はもはや人のがんの尿に反応しなくなることを示し「がん特異的な化学受容体」があることの証拠としている。

 なんともうろんな実験だと思う。他者による追試確認が必要だが、それよりも正常尿と「がん患者尿」を濃縮、分画して、線虫に特異的な反応を起こす分画を抽出し、「がん患者に特異的に存在し、正常患者には存在しない化学物質」をなぜ同定しなかったのか?と思う。

 この構造が、2種の化学受容体の結合部位の立体構造から、理論的に予測される化学物質と一致し、しかも実際に走化性を示した場合に、受容体には「嗅物質=受容体」複合体が形成されていることを証明すれば、彼らの理論は実証されたことになるだろう。
 それなら実用の可能性も出てくるだろう。

 「毎日」や「報道ステーション」がだいぶ大きく取り上げたが、そのほかのメディアは比較的冷静に報じている。「一犬虚に吠えれば万犬実に吠える」(一匹の犬が吠えればそれにつられる形で、多くの犬が一斉に吠え出す)とか「三人市虎をなす」(町中に虎がいるはずはないが、もし三人が虎がいると言うと、ついには本当に虎がいる様なことになる)というが、メディアの記者は独自に情報を吟味し、「事実である」と自ら確信できたことだけを報道してもらいたい。元朝日新聞の植村隆記者のように、「当時は他紙も同じように報じていた」という言い訳は、今後は通用しない。
 
 時代が動く時、不安が生じ、ともすれば「奇談」が横行する。ふたたびSTAP細胞騒動はごめんであるし、それを許してはならない。
(文=広島大学名誉教授・難波紘二)メルマガ『鹿鳴荘便り』(3/16)より抜粋、加筆